日本書紀にも登場する泉大津市は、毛布の町として発展していた歴史ある地域です。また、日清食品の創業者である安藤百福さんが製塩事業を行い始めた場所でもあるんですね。

今日は、そんな泉大津市の特徴や土地情報をいろんな角度から見ていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

泉大津市の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/泉大津市役所

泉大津市は、ほとんどが平たんであり、起伏がない地形をしています。そのため、一生ここで暮らす人にとっては高齢になっても暮らしやすいと考えられています。

どうしても坂の多い街になると、けがをしたり病気などで、歩いて自分の家からはいろんな場所に行けないという心配も耳にします。

そういう意味でも、交通の便、地形共に安心な泉大津市の土地の価格は下記の通りとなっています。

  • 土地公示価格 ➡ 363,176円 前年度比-0.09%
  • 土地取引価格 ➡ 330,000円 前年度比+44.86%

公示価格では、-0.09%となっており、やや価格が下降気味に見えます。しかし、実際の土地の取引では、+44.86%となっており、かなり大きく価格が高くなっていることが分かります。

つまり、泉大津市の価値が上がっているということなんですね。そう考えると、この泉大津市に土地不動産を所有している人にとっては、高値で売却できるチャンスが来ているといえます。

産業と企業

泉大津市は、マークが羊の顔をしているものを採用しています。これは、「毛布」のまちを表していることから、羊毛という意味もあるのでしょうね。

  • 住友ゴム工業
  • 近畿コカ・コーラボトリング
  • コーナン商事
  • いすゞ自動車
  • スバル
  • 山九
  • 佐川急便
  • 福山通運

泉大津市の産業は、主に繊維とタイヤとなっています。現在でも毛布の生産は盛んです。

ちなみに、泉大津市のマーク羊は、黒の丸い形が、顔の各パーツを表しているそうです。それには、「創造」「躍動」「調和」という意味が込められているのですね。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

泉大津市の情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大津川

泉大津市には、市名にある「泉」が和泉国の国府外港(国津)であったことが由来とされています。港湾が昭和初期に、近代化したものの現在では、物流拠点としての役割が大きくなっているのですね。

地形でいうと、大津川が泉大津市の南橋にあり、忠岡町との境界を流れているといった状態です。埋立地が増えていることで、泉大津市の面積も増加中になっています。

教育機関

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/泉大津市立東陽中学校

 子育て世代の人にとっては、泉大津市に引っ越すにあたって心配なのが子どもの教育環境ではないでしょうか。

今日は、泉大津市の子育て環境も一緒に見ていきますね。

高等学校

  • 大阪府立泉大津高等学校

中学校

  • 泉大津市立東陽中学校
  • 泉大津市立誠風中学校
  • 泉大津市立小津中学校

小学校

  • 泉大津市立戎小学校
  • 泉大津市立旭小学校
  • 泉大津市立浜小学校 など

その他の教育機関

  • 大阪調理製菓専門学校
  • 大阪健康福祉専門学校

大阪には、専門学校が多くありますが、泉大津市も同様に専門学校が存在しています。子どもの将来を思うと、その子にしかない力を伸ばしてあげたいものですね。

子育て環境

泉大津市では、全体的に保育園の待機児童ゼロを目指していたり、泉大津市立図書館など、子どもを預けて働いたり、親子で学んだりと子育てをする家庭にとっては、とても優れた環境です。

また、万が一体調が悪くなった場合には、泉大津市立病院が医療機関としてあるので安心ですね。

交通機関

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/南海本線

最寄りの空港が関西国際空港となっている泉大津市ですが、他の交通機関も豊富です。また、隣接する道路が多いことで遠出も楽しめそうな地域となっています。

電車

泉大津市の中心となる駅は、泉大津駅(南海本線)となっています。

  • 南海電気鉄道

バス

  • 南海バス
  • ふれあいバス(高齢者や障がい者など)

隣接する道路

  • 阪神高速4号湾岸線
  • 堺泉北有料道路
  • 国道26号など

また、泉大津市では阪九フェリーが就航しているので、船の旅も身近に楽しめそうですね。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

泉大津市の口コミ情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/泉大津駅

泉大津市の魅力が分かり始めたところで、実際に他地域から移り住んでいる人にとっては、どんな環境か、どう思っているのかという生の声を集めてきたので見ていきましょう。

泉尾大津市の土地口コミ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/泉大津市特産品

実際に、泉大津市に引っ越して良いことは増えましたか?

女性女性

待機児童がゼロに近くて、小学校でも子どもが穏やかに過ごせるので安心しました


男性男性

市内が平坦なので、移動は自転車で回って用事を済ませることも出来ますよ

女性女性

最新技術を持つ医療機関が近くにあるので万が一の時でも大丈夫という安心感に包まれて過ごしていますね


男性男性

関西国際空港も短時間で行けることや、ホテルや飲食店などが多いので自分が出張に使うだけでなく、友人などが遊びに来やすくなってます

将来は、ご両親と同居を考えている人もいるようです。子育て環境もしっかりしており、働きやすく、将来に備えての土地探しとなれば、泉大津市を選択する人は今後も増えて来そうですね。

泉大津市の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/東湊公園

今日は、市の花がサツキである泉大津市について、その土地に関わる情報をいろんな角度から見ていきました。

泉大津市で、土地を購入するとなると一生ここに暮らすということが前提となりますね。

すると高齢になっても、泉大津市で楽しく暮らすことが出来るか考えていきたいものですね。泉大津市の場合んは、ほとんどが平たんで起伏がない地形をしているため、ずっと暮らしやすいと考えられています。

将来のことを考えて土地の購入を検討している人にとって、人気が高いのが泉大津市です。そういう意味でも、交通の便、地形共に安心な泉大津市のとちはお勧めですよね。

  • 土地公示価格 ➡ 363,176円 前年度比-0.09%
  • 土地取引価格 ➡ 330,000円 前年度比+44.86%

また実際の公示価格では、やや価格が下降気味に見えましたが、実際の土地の取引では、かなり大きく価格が高くなっていました。

あらためて感じるのは、やはり泉大津市の価値が上がっているということなんですね。

つまり、この泉大津市に土地不動産を所有している人にとっては、高値で売却できるチャンスが来ているといえます。これを機会に一度、査定をしてみることもお勧めです。

自分の財産が現在いくらくらいになっているのか知ることは、とても重要です。この土地を購入した人が喜んでくれたら、土地を売却した方も、さらにいろんな値打ちが上がる気がしますね。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!