南北に細長くなった地形をしている茨木市です。北は、雄大な山々がそびえており、南へ行くにしたがって市街地が広がっています。

今日は、そんな茨木市の土地情報を不動産売却や生活情報を交えてお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

茨木市の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/茨木市役所

私もそうですが、茨木市の発音を言い間違えることが良くありますよね。正式な呼び方としては、「いばらぎし」ではなく「いばらきし」です。

そんな茨木市ですが、山間部を切り開いて出来た場所に、国際交流のためのニュータウン「国際文化公園都市」があります。市民には「彩都」との相性で親しまれています。

茨木市の特徴と歴史

北部では、ケシの栽培が盛んでした。そのため「麻薬の原料」となるケシが東洋の中では、有数の数を生産していた時期がありました。

しかし、現在は大阪市府のベッドタウンとしての役割も大きく、閑静な住宅街も多く広がっています。

  • 土地公示価格 ➡ 618,390円 -1.15%
  • 土地取引価格 ➡ 391,627円 -29.12%

茨木市の土地の価格は、上記のようになっています。価格の次にある数字は、前年度との比較した表したものです。

この公示価格を見てみると、1.15%下がっていることが分かります。また、実際の土地の取引では、大きく-29.12%も下がっていますね。

産業と企業

  • アルテコ
  • アンジェス
  • 浦川トランス工業
  • エスケー化研
  • エフワンエヌ
  • キンリューフーズ

茨木市の特産品は、三島独活(うど)、竜王みそです。個人的には、竜王みそが気になりますが、茨木市の人たちにも少し聞いてみたい気がしますね。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

茨木市の生活情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/茨木城

茨木市は、三大都市とされるうちの大阪市と日本の良さが多く残る京都との中心に位置しています。

また、面積 76.49km2 人口が 282,012人(推計人口、2017年10月1日)の茨木市には、次のような特徴と魅力が多くあります。

観光スポット

  • 茨木城
  • 深山水路
  • 元茨木川緑地
  • 竜仙峡
  • 倍賀春日神社(国の重要文化財に指定されている)

竜仙峡は、安威川上流の景勝地でもあり、龍仙の滝があります。

茨木市のイベント

  • 7市民さくらまつり
  • 茨木神社夏祭
  • 茨木フェスティバル
  • 辯天宗夏祭奉納花火大会(べんてんしゅうなつまつり)
  • 茨木音楽祭
  • いばらき光の回廊~冬のフェスティバル~

茨木市には、たくさんのイベントがありますね。これだけ、茨木市をあげての催し物があると確かに盛り上がるのが分かります。

茨木市に引っ越しをしても、季節ごとにイベントを楽しむことが出来るので、不動産を購入する人からも喜んでもらえそうですね。

子育て環境としては、テニスコートやプール、グラウンドといった運動施設が多いのも茨木市の特徴です。それでは、教育機関も見ていきますね。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

教育機関

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/茨木高等学校

教育機関としては、次のような施設が茨木市にはあります。住宅の購入者が増えていることもあり、茨木市は教育へも力を注いでいます。

大学

  • 藍野大学
  • 追手門学院大学
  • 梅花女子大学
  • 立命館大学(大阪いばらきキャンパス)
  • 大阪行岡医療大学など

大学や専門学校などもあるので、子育て世代にとっては進路を親子で決める時に目安となりますね。

高等学校

  • 茨木高等学校
  • 春日丘高等学校
  • 茨木西高等学校
  • 早稲田摂陵高等学校
  • 関西大倉高等学校など

高等学校にもなると、電車などで近隣の地域へ通学をすることも楽になりますね。

中学校

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/彩都西中学校

  • 太田中学校
  • 北中学校
  • 彩都西中学校
  • 東雲中学校

小学校

  • 安威小学校
  • 葦原小学校
  • 茨木小学校
  • 大池小学校
  • 太田小学校

子育て世代の人たちにも、教育機関が職場となる人も、こうした施設へ通うことが楽であることや安全性は、確かめておきたいことですね。

幼稚園

  • 茨木市立茨木幼稚園
  • 福井幼稚園
  • 西幼稚園
  • 北辰幼稚園

その他の教育機関

  • コリア国際学園
  • 大阪府立茨木支援学校
  • 藍野医療福祉専門学校
  • 大阪保健医療大学の彩都スポーツ医科学研究所

医療機関で将来働くための専門学校も充実しているのが親としては嬉しい人も多いのではないかと思います。

博物館・図書館

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/中央図書館

茨木市の特徴としては、博物館や図書館といった親子で楽しめる施設が多いことです。

図書館

  • 中央図書館
  • 庄栄図書館
  • 中条図書館
  • 穂積図書館
  • 水尾図書館

図書館が充実していると、子どもと一緒に学習したり、学生同士が勉強したりと、利用の方法にも幅が出てきますね。

博物館

  • プラネタリウム
  • 茨木市立川端康成文学館
  • 茨木市立キリシタン遺物史料館
  • 茨木市立富士正晴記念館
  • 茨木市立文化財資料館

意外と大人になってからの見学は、新鮮なことが多いものです。たまには自分のためにも気分転換で訪れてみると良いですね。

交通事情

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/阪急バス

通学をするにも、通勤をするにも、お買い物やイベントなど、交通機関を利用する必要があります。茨木市では、主に次のような交通機関を利用することが出来ます。

電車

  • 西日本旅客鉄道
  • 阪急電鉄
  • 大阪高速鉄道

バス

  • 阪急バス
  • 近鉄バス
  • 京阪バスなど

また、茨木インターチェンジに行くとバス停があります。そこが「名神茨木バス停」なのですが、このバス停から各地への高速バスに乗車することも出来るので移動手段がさらに広がりますね。

隣接する道路など

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/関西空港

  • 国道171号
  • 大阪中央環状線
  • 名神高速道路
  • 近畿自動車道

このように環状線などの幹線道路が近いので、関西空港へも移動がしやすいところが人気の秘密でもあります。

空港が近い存在となり、国内だけでなく海外へもすぐに行ける立地にあることは、海外旅行をする人口が増えている今、不動産を購入する人たちにとっては必要な条件の1つとなりますね。

茨木市の口コミ情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/茨木市立川端康成文学館

基本的な情報を見てきたところですが、次は実際に茨木市へ不動産を購入することにより引っ越ししてきた人達の声を集めてみたので見ていきますね。

不動産屋さんの口コミ

茨木市の不動産屋さんの対応はいかがでしたか?

女性女性

お店の雰囲気は明るくて非常に入りやすい空気だったので相談しやすかったです


男性男性

厳しいと思われるような条件を提示したのですが親切に探してくれて交渉にも気持ちよく応じてくれたので良かったです

男性男性

嫌がられそうな質問でも、こちらが必要としている情報として理解してくれ納得がいくまで答えてくれました

親切な不動産屋さんが対応をしてくれるとの意見を聞くと、不動産を売却する人にとっても安心できることから気持ちが良いですよね。

茨木市・土地の口コミ

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/茨木川

茨木市で生活をしてみて、どんな感想を持ちましたか?

女性女性

大きな商業施設が近隣にあるので普段の生活に必要な買い物は困らないのが良いです


男性男性

名神高速のインターまでは短時間で行けるし車での移動は本当に助かりますね

女性女性

自然が豊かな地域なので静かな環境で子育てをすることが出来るのが良いわ


男性男性

周辺に大学病院や必要な医療機関が複数あるので家族に万が一の時には早期に治療をすることが出来るよ

茨木市には、自然の中で農作業を手伝えるというイベントなどが多いそうです。子どもの情操教育や高齢者を敬う心を養うためにもとても良いことですね。

茨木市の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/安威川

今日は、茨木市の土地情報をお伝えしてまいりました。

大阪市府のベッドタウンとしての役割も大きく、閑静な住宅街も多く広がっている茨木市での価格が下記のように下がりつつあることが分かりましたよね。

  • 土地公示価格 ➡ 618,390円 -1.15%
  • 土地取引価格 ➡ 391,627円 -29.12%

公示価格では、1.15%下がっており、実際の土地の取引では、大きく-29.12%も下がっていました。これは、茨木市の土地を購入したいと希望する消費者にとって最大のチャンスであるとともに、この茨木市に不動産を所有している人にとっても大きなチャンスとなります。

購入しやすくなるということは、裏を返せば不動産を所有したい人にとって人気が高まる可能性が大きいからなのですね。

現在は、不動産を所有する年齢も下がっています。子育て世代が一生の住まいを求める場合もありますし、共働きの人たちがセカンドハウスとして購入する場合もあります。

人気が高まって慌ててしまわないように、現在の自分の土地の価値を査定で調べておくというのも大切なのではないでしょうか?

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!