柏原市は、大阪府の「中河内地域」にある自然に囲まれた市の1つです。また、半分以上が美しい山々になっている地域でもあります。

今日は、そんな柏原市の土地の情報を不動産売却や生活情報と共にお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

柏原市の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/柏原市役所

柏原市は、古墳や遺跡が多く残っている地域です。

大阪市の中心部より、20km程度の位置に存在している柏原市は、通勤にも便利なため、大阪市のベッドタウンとしての大きな役割があります。

また、山々をバックに一級河川になっている大和川が流れており、途中で石川と合流するといった形になっています。

そんな柏原市の土地の価格は、下記のようになっています。

  • 土地公示価格 ➡ 35万円 +0.26%
  • 土地取引価格 ➡ 31万円 +16.75%

土地の価格の隣にある数字は、前年度と比較した値です。これを見てみると、公示価格が+0.26%と若干の高値になっています。

そして実際の土地取引では、+16.75%となっており大きく価値が上がり始めていることが分かります。

柏原市は自然が多く、市内の地形は平坦に近いことからも「生涯この土地で暮らそう」と考えている人が増えてきたことが理由の1つになっているかもしれないですね。

また、柏原市の産業は、ぶどうの栽培が有名となっています。ワイン用のぶどうの栽培をしているのが一般の野菜や果物と異なり、なんだかとても新鮮です。

柏原市の産業と企業

  • パナソニックサイクルテック
  • アングル (柏原事業所も併設)
  • 日鉄住金精密加工
  • 早川繊維工業
  • 富士電線工業
  • 東邦電器産業など

大阪府の見学可能な産業施設

引用:http://www.kawachi-wine.co.jp/

河内ワインは有名で、近畿経済産業省より「見学が可能な産業施設である」との認定を受けています。そのため、ワイン館の工業見学や試飲、セミナーなど多彩なイベントに参加することが出来る施になっているのですね。

また、かんぽの宿ではブログで「ワインとは『和飲』である」というタイトルで発信していました。読むと、なるほどと思う言葉ですよね。こうした、日本で守っている伝統や様々な国の文化を楽しみながら受け継いでいきたいものです。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

柏原市の情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大和川

柏原市は、歴史も古く大和川が難波へと抜ける地点であることから交通の要として利用されていました。その大和川を中心として様々なイベントも開催されているようです。

季節ごとのイベントは、市民に親しまれていますし、観光客にとっても心地よい雰囲気が漂う催し物となっていますね。

観光とイベント

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/こいのぼりまつり

  • 柏原ぶどう狩り
  • 市民健康マラソン
  • 大和川鯉のぼりまつり
  • オガタ通りサマーフェスタ
  • 長瀬川アクアロードまつり

交通の要だった柏原市らしく、「道」がテーマとなっているイベントが多いことが分かります。こうして、年間を通して市民や観光客との交流を活発に行えるのは良いですね。

また、ワインやぶどうのイベントは、観光客だけでなく、市民の多くに親しまれており、こいのぼりでは「子どもの成長を願う大人の想い」が伝わってきます。

交通情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大阪線

柏原市民の足となる交通手段は、いくつかあります。乗り換えが問題ない人であれば、もちろん便利な交通手段となります。

しかし、小さな子どもを何人か乗せたり、荷物を持ったりと大変な人は、マイカーの所有も検討すると生活がもっと便利になりそうです。

電車

  • JR西日本旅客鉄道
  • 近畿日本鉄道

バス

  • 市内循環バスきらめき号

きらめき号のバスは、現在、大阪教育大学の輸送だけをしているようです。柏原市では、電車以外の交通手段としては、やはり自家用車があると良いかもしれませんね。

隣接する道路など

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/国道183号

  • 西名阪自動車道
  • 国道25号など

自家用車を使える人の場合だと、近くの阪神高速道路を利用すれば近隣の他府県に出かけることが簡単に出来ますね。

教育施設

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大阪教育大学

柏原市の教育に関しては、2010年より連携型中高一貫教育を開始しているため、受験に割かれる時間を確保することが出来ます。

その分を別の学問の時間に充てるなど、子どもの頃から時間管理をしっかりとすることが出来ますね。では、柏原市の市民にとって大切な教育機関や施設をご紹介いたします。

大学

  • 大阪教育大学(柏原キャンパス)
  • 関西福祉科学大学
  • 関西女子短期大学

高等学校

  • 大阪府立柏原東高等学校
  • 東大阪大学柏原高等学校
  • 関西福祉科学大学高等学校

中学校

  • 大阪市立長谷川中学校
  • 柏原市立柏原中学校
  • 柏原市立堅上中学校

高校受験に割いていた時間を体力づくりや、進路で必要な時間に充てることが出来ると部活も楽しむことが出来ますね。

また、希望者は、他の地域から通学をすることが出来るので、生徒の心の負担を軽減させることも期待が出来そうです。

小学校

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/長谷川小学校

  • 大阪市立長谷川小学校
  • 柏原市立旭ケ丘小学校
  • 柏原市立柏原小学校

その他の教育機関

  • 関西医療技術専門学校

医療機関

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/市立柏原病院

  • 市立柏原病院
  • 国分病院
  • 全南病院

必要な医療設備を整えている病院もあるので、家族に万が一のことがあっても安心して検査や治療を受けることが出来ます。

子育て環境

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/玉手山公園

子育てをする環境には、こだわりを持ちたいですよね。空気がきれいで、穏やかな環境でいて、きちんと教育も受けさせたいなど、我が子可愛さでつい理想が高くなるものです。

公共の施設

  • リビエールホール(柏原市民文化会館)
  • 柏原市立体育館
  • 柏原市立第二体育館(武道館)

柏原市では、公共の体育館や武道館があり体力や礼儀を培うことが出来ます。

のんびりした街の方が人の気持ちをしっかりと考えることが出来るので、子育て世代は、あえて柏原市のような自然が多い場所を選ぶ人も増えています。

柏原市で暮らしていたことがある有名・著名人

  • 5代目桂文三(落語家)
  • 土井正博(元プロ野球選手)
  • ブー藤原(タレント)
  • 前田哲(映画監督)など

エンターテインメントの部門では、落語などの「お笑い」と呼ばれるものや、スポーツなど各分野で活躍している人がいらっしゃいます。

こうしてみると、共通点として、頭の回転が速い人が柏原市で暮らしていたのかなという気がしますよね。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

柏原市の口コミ情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大和路線

基本的な柏原市の情報を見てきたので、次は実際に柏原市で不動産を購入して、暮らし始めた人の生の声を集めてきたので見ていきますね。

不動産屋さんの口コミ

実際に柏原市の不動産屋さんを利用してみて対応はどうだったですか?

女性女性

都会のように高い紹介料を取られなかったので助かりました


男性男性

資料やデータをしっかりと取り出したので見せてもらい安心して契約をすることが出来ました

都心部と比較すると、郊外の方が「地域に密着」という形で、価格をサービスしてくれるケースが多いような気がしますね。

不動産の契約で生まれた付き合いは、購入した時だけでは終わらないので、少しでも責任をもってアフターサービスをしてくれたり、費用を抑えてくれるところの人気が高くなります。

土地の口コミ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/柏原駅東口

他の地域から柏原市へと引っ越しをして実際に生活をしてみた感想はいかがですか?

女性女性

自然が多くて公園が住宅街にあることで、子どもを安心して遊ばせることが出来ます


男性男性

コミュニティバスには、停留所から無料で乗れるので利用できるのが良いね

女性女性

教育環境や医療設備が整っていることが気に入っています


男性男性

大阪市へと続く主要な自動車道路は柏原市を通過しているので車で大阪市内へいくのも短時間で行くことが出来ます

  1. 医療施設
  2. 教育環境
  3. 生活必需品確保

共通しているのは、上記の基本が揃っているかどうかで決まるということでした。生きていくための不動産なので、出来るだけ楽しく契約をしていきたいですね。

柏原市の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大和川と石川の合流地点

今日は、市の花が「つつじ」であるという柏原市の土地情報を見ていきました。

古墳や遺跡が多く残っている柏原市は、大阪市の中心部から20km程度の距離にあることから大阪市のベッドタウンとしての役割が大きな市だと分かりましたね。

雄大な山々と大和川の流れに囲まれている柏原市の土地の価格は、下記の通りとなっていました。

  • 土地公示価格 ➡ 35万円 +0.26%
  • 土地取引価格 ➡ 31万円 +16.75%

これを見ると、自然が多いにも関わらず、大阪の中心部へは電車で1時間程度という利便性の高さで、人気が高まっています。

実際の土地の取引で、+16.75%となっていますが、これは大きな数字ですよね。土地の購入価格がもし、公示価格で1,000万円だったとしたら、実際の取引では「160,000円も多く売却が出来た」ことになります。

子育て世代はもちろんのこと、第二の人生を始めた人たちにとっては、地形がほぼ平坦なことから「生涯この土地で暮らす」ことを計画している人も増えてきている証ですね。

プラスに傾いているということは、柏原市の土地を購入したいと考えている人が増えたりして、柏原市の土地の価値が上がってきた証拠です。これを機会に自分の不動産の価値を知るためにも、自分の財産を査定してもらうと良いのではないでしょうか。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!