羽曳野市は、ぶどうの栽培がさかんで、古墳が多いことで知られている地域となります。

今日は、そんな羽曳野市の土地情報を生活や不動産売却法と併せて、お伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

羽曳野市の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/羽曳野市役所

羽曳野市は、柏原市と同じく「ブドウの栽培」が盛んな市であり、古代史跡の多い地として有名です。

また、東西を分けるように中央は羽曳野丘陵と呼ばれている洪積台地が銃弾をしており、川も飛鳥川と東除川に分かれて流れています。

そんな羽曳野市の土地の価格は下記の通りとなっています。

  • 土地公示価格 ➡ 31万円 -0.08%
  • 土地取引価格 ➡ 28万円 +12.83%

土地の価格の隣にある数字は、前年度との比較した値です。これを見てみると、公示価格では-0.08%と若干下がり気味でした。

しかし、実際の土地取引では、+12.83%となっており若干高くなり始めています。これは、羽曳野市の土地の価値が高くなってきたことを表していますね。

伝統や文化を守る羽曳野市ですが、電車だと1本で天王寺まで出られることも喜ばれる理由の1つです。

通勤が楽に出来て、静かな環境で休むことが出来るという理想を叶えられるのが羽曳野市だと良いですね。

羽曳野市の産業と企業

  • アトム電器
  • ハンナン
  • チョーヤ梅酒
  • グロリア魔法瓶製作所など

もの作りとして製造業が多い羽曳野市です。この羽曳野市では、創業者が羽曳野市だったこともあり、「ハンナン」の影響が大きかったようです。

また、他の地域だけでなく、自然の中で作り出している会社の人たちも、羽曳野市の土地を購入したいと考えている人が多いかもしれませんね。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

羽曳野市の情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ワイン用のぶどう

羽曳野市は、ぶどうの栽培が盛んですが、古墳などの歴史的建築物が多いことでも知られています。

特に、春日丘団地は、特別にスターハウスが保存されているということです。歴史的な建築物もですが、穏やかな地域性が「のびのび育てられる」ということで、子育てにも向いている環境だと喜ばれているようです。

観光とイベント

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/誉田八幡宮

  • 誉田八幡宮(国宝)
  • 野中寺(「野中寺旧伽藍跡」は国の史跡)
  • 野々上八幡神社
  • 西琳寺
  • 古市古墳群(国の史跡)
  • 誉田御廟山古墳 (応神天皇陵)

小さなころに、よく遊んだ境内などの雰囲気に似ていると感じる人も多いのではないでしょうか?

この頃は、外で元気よく遊ぶといったことがないため、子どもの体力不足も心配されています。幼少のころは、たくさん遊ばせてあげたいですね。

  • 日本武尊白鳥陵
  • 島泉丸山古墳 (雄略天皇陵)
  • 西浦白髪山古墳(清寧天皇陵)

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/安閑天皇陵

  • 高屋築山古墳(安閑天皇陵) – 高屋城跡
  • 壺井八幡宮
  • 飛鳥戸神社
  • 白鳥神社
  • 古市だんじり祭
  • 吉村家住宅 (国の重要文化財)
  • 延羽の湯

イベントもあり、羽曳野市の観光客や市民の交流の場となっているようです。こうして民間の大型銭湯などもあることで、家族や友人との癒しのひとときも持つことが出来そうですね。

交通情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/近鉄長野線

先ほどから少し話に出てきましたが、羽曳野市から大阪の中心部までは、急行だと20分程度という利便性の高い場所なのです。

通勤や通学などの負担も減らせるので、羽曳野市の土地で暮らすことになると、自分たちだけの静かな時間を持つことが出来ますね。

電車

羽曳野市で中心となる駅は、古市駅となっています。ただ、市内の住宅街へと向かう電車が「藤井寺駅」より出ているため、こちら藤井寺駅を利用する羽曳野市民も多いようです。

  • 近畿日本鉄道

バス

  • 近鉄バス
  • 金剛バス
  • 公共施設循環バス「うーすけ」

「うーすけ」は、自家用バスによって運行されており、羽曳野市民が無料で乗車が出来るバスです。市内を無料で移動が出来たら、経済的な負担がかなり軽くなることが分かります。

隣接する道路など

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/羽曳野インターチェンジ

  • 南阪奈道路羽曳野インターチェンジ
  • 羽曳野東インターチェンジ
  • 国道166号

教育施設

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大阪府立懐風館高等学校

羽曳野市にある学校は、たくさんあります。また、近隣の学校へと通学することも出来るので、進路に対する選択肢がかなり広がっていく感じです。

図書館も羽曳野市にあるので、ゆったりと体力づくりをして、集中力が高められる環境で育つことが結局、大きな成果を収められる大人に成長したりするので子育て世代の人にとっては、さらに楽しみが増えますね。

大学

  • 四天王寺大学
  • 大阪府立大学羽曳野キャンパス

高等学校

  • 大阪府立懐風館高等学校
  • 私立四天王寺羽曳丘高等学校

中学校

  • 河原城中学校
  • 誉田中学校
  • 高鷲中学校

小学校

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/恵我之荘小学校

  • 恵我之荘小学校
  • 駒ヶ谷小学校
  • 高鷲小学校

その他の教育施設

  • 大阪府立羽曳野支援学校
  • 大阪府立西浦支援学校

子育て環境

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大塚山古墳

羽曳野市には、自然も多くのびのび育つだけでなく、集中力を養えるような運動施設も豊富です。運動をすることで持っている力を最大限に発揮できそうですよね。

  • 羽曳野市立総合スポーツセンター「はびきのコロセアム」
  • 羽曳野市生活文化情報センター「LICはびきの」
  • 陵南の森総合センター
  • 市民体育館・市民プール(プールは夏季のみ営業)
  • 羽曳野市立図書館

羽曳野市立図書館は、地域に点在しており全部で5か所あります。親子で楽しんだり、自分の余暇を有意義に過ごしたりと、いま活字の良さも見直されているので、これを機会に利用してみるのも良いですね。

この地域で暮らしていた有名・著名人

  • 浅田満さん(ハンナン元会長)
  • 野林健さん(一橋大学名誉教授)
  • ダルビッシュ有さん(メジャーリーガー、ロサンゼルス・ドジャース)
  • まことさん(シャ乱Q)

行動力や知的なところが魅力な人が羽曳野市で暮らしていたことが分かります。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

羽曳野市の口コミ情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/野中寺

羽曳野市の歴史を見ていくと古墳時代にまで遡ります。そんな文化を多く留めた羽曳野市での生活をしてみた体験を生の声として集めて来ましたので見ていきますね。

不動産屋さんの口コミ

実際に羽曳野市の不動産屋さんを利用してみて対応はいかがでしたか?

女性女性

親身になってくれたうえで価格もサービスしてくれたので嬉しかったです


男性男性

見積もりの時からの良心的な価格だったので納得したお買い物になりました

女性女性

実際に暮らしていないと分からない情報も教えて頂いたので心強かったです


男性男性

良いことだけでなく、購入者にとって悪い情報も隠さずに教えてくれたので信頼が出来ました

郊外や地方に行くと、地域密着型なビジネスをする場合も多いため、少しくらいのサービスを喜んでしてくれるのがメリットですね。

土地の口コミ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/道の駅 しらとりの郷

他の地域から羽曳野市に引っ越して、実際に暮らしてみた感じはどうですか?

女性女性

国道170号に出やすいので助かります


男性男性

急行停車駅となっていることから、急行で20分もあれば大阪市内へ行くことが出来るので便利です

女性女性

保育園や小中学校が比較的、近いところにあり、安心して通わせることが出来ます


男性男性

奈良県へもすぐに行ける立地なので、大阪とどちらに行っても得した気分がします

男性男性

必要な医療施設も充実しており、ドラッグストアや商業施設もあるので生活に必要なものはすぐに揃うところが良いね

自然が多い方が嬉しいけれど、やはり利便性や医療、教育は外したくないといった人が多かったですね。

羽曳野市の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/南大阪線

今日は、市の花が桃だという可愛らしい印象だった羽曳野市の土地情報について見ていきました。

ぶどうの栽培が盛んで、古墳などの史跡が多く残っている羽曳野市の土地の価格は下記の通りとなっていました。

  • 土地公示価格 ➡ 31万円 -0.08%
  • 土地取引価格 ➡ 28万円 +12.83%

公示価格では-0.08%と若干下がり気味でしたが、土地取引では、+12.83%となっており少し高めに不動産が売却できることが分かります。

これは、それだけ自然と大阪市内へのアクセスが近いことが魅力となって羽曳野市の価値が高くなってきたことが読み取れますね。

古墳などの史跡を見ても分かるように羽曳野市は、街を大切に扱う市であることも分かりますね。そんな羽曳野市から、電車だとたった1本で天王寺まで出られる通勤の負担が喜ばれる理由の1つです。

通勤が楽に出来て、静かな環境で休むことが出来るという、まさに理想を叶えられるのが羽曳野市だということです。

羽曳野市の価値が上がり始めた今、羽曳野市が注目されて慌てる前に、査定をしてもらって「自分の財産の価値」を知っておくのも良いのではないでしょうか。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!