離婚とは結婚す時の何倍も、何十倍もエネルギーを使い果たしてしまうものです。

ましてや財産分与などが絡んでくるとなると、わずらわしいことこの上もありませんが離婚後の生活のためにもきっちりと整理をつけておかなくてはなりません。

引用:https://pixabay.com/ja/

婚姻中に築いた財産は公平に分ける

離婚を決意した瞬間、いきなり他人になれるのが夫婦です。

とくに金銭面に関しては「一銭も渡したくない」と考える人も多いです。

しかしそれは法律で許されていません。

夫婦にはどちらにも「財産分与請求権」があります。

そのため離婚する場合には一方は財産半分を請求できるのです。

それが夫名義であっても妻名義であっても、婚姻中に築いたものであれば、夫婦の協力のもと作られた財産とみなされます。

現金、預金すべて半分ずつに分配します。

ただし、結婚前の預金、親からの遺産は分配しなくてもいいです。

妻が専業主婦であっても、家事労働として評価されますので公平にわけることにかわりはありません。

これは離婚が成立してから2年後まで請求権があります。

引用:https://pixabay.com/ja/editors_choice/?media_type=photo&pagi=2

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

離婚したら車はどうなるの

現金や貯金のように簡単に分けられないものも、基本的には売却して現金化し公平に分配するべきですが、車についてはどちらかの思い入れが強いことが多いです。

そのため現時点での価値を査定で調べることで価格を推定し、譲り受ける方がその半額を相手に渡すというのが妥当でしょう。

保険や有価証券などすぐに現金化できないものについても株式の時価を調べるなどして分配します。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

離婚したら家はどうなるの

離婚する夫婦がそれまで暮らしてきた家やマンションも財産分与の対象です。

不動産の場合は離婚後、どちらが所有するか、それとも売却するかという話し合いになると思います。

ローンがない場合は不動産会社に依頼し査定書を作ってもらい、例えば1000万円であったのなら、住み続ける方は相手に500万円を支払わなくてはなりません。

共有名義になっている場合もあるでしょうが、離婚を機に整理をつけておくことで後々もめないですむでしょう。

夫名義の家に妻が住み続ける場合は、必ず名義変更の登記を行います。

そうしなければ、離婚後、夫が家を他人に売却した場合、妻は住み続けることができなくなるのです。

登記名義変更の手続きは法務局でできますので、なるべく早くに済ませるようにします。

引用:https://pixabay.com/ja/editors_choice/?media_type=photo&pagi=154

離婚したら家のローンはどうなるの

離婚する夫婦のほとんどに住宅ローンが残っているといいます。

ローンが残っている場合、住宅を購入した際の契約書や残高証明書などで住宅ローンの残債を調べます。

そして住宅の評価額を査定しローンの残高の方が上回っていれば、家を取得する方がローンの残債を支払うことになり、自宅を取得しない側からは財産の請求はできません。


妻が家を取得する場合


家の場合、名義を変えることより、ローンの債務者を変更することの方が困難です。

住宅ローンの債務者は夫になっている場合が多く、妻に余程の安定した収入がないかぎり金融機関は、債務者の変更に応じないことが多いです。

そこで名義は妻に、債務者は夫のままにしておいて、妻が夫に毎月のローン代を支払うというのもひとつの方法です。

養育費と相殺という形での清算ならお互いに安心できるでしょう。


夫が家を取得し妻が住み続ける場合


妻が正社員として収入を得ていたのなら、夫にローン代を家賃として支払っていくのは難しいことではありませんが、パートタイマーや専業主婦だった場合、収入が低くローン代を支払うのも困難な場合が多いです。

そこで夫が家を所有したまま、妻が住み続けるというケースもあります。

妻は離婚後、賃貸として家に住み続けるということです。

ただしいつまでも家のメンテナンスなどで協議しなくてはならないわずらわしさが残ります。


家を売却する場合


いろいろな話し合いのすえ、結局家を売却することが最も簡単だということになるのですが、ここでも「オーバーローン」が問題になります。

まずは住宅ローンの残高が少しでも減らせるよう家を高く売却しなくてはなりません。

家を高く売却するためには、複数の不動産会社の査定を受けることが重要です。

不動産会社によっては査定額が大きく違いますので、一社だけの査定でなく多く査定を取ることで相場を知りましょう。

引用:https://pixabay.com/ja/editors_choice/?media_type=photo&pagi=151

ローンの残っている家に注意

離婚する夫婦の間には信頼関係など存在しません。

とくに次のパートナーを見つければ、その傾向は顕著となります。

そんなことを思いもせずにいたゆかりさん(仮名)の話をしましょう。

******************************************************************

ゆかりさんは2人の子供を育てながらスーパーのパートタイマーで働く主婦です。

40才になった時に夫の不倫が発覚、離婚を決意しました。

子供の環境を変えたくなくて、夫には預金や車などはすべていらないから家にそのまま住みたいことをお願いしました。

そして慰謝料もいらない、養育費も最低限でいいということで、夫は名義はそのままにローンを払い続けることを約束してくれたのでした。

 

それから1年のこと。

住宅ローンの会社から電話が入ったのです。

「住宅ローンの支払いが滞り、家を競売にかけます。」というものでした。

ゆかりさんは「そんなはずはありません!」と必死でうったえ、離婚した夫に連絡をとりましたが、電話はつながらず、会社に電話をしたらすでに退社したというのです。

「わたしは騙された。」

ゆかりさんはその時になって気づいたのです。

夫は最初から住宅ローンを払い続ける気がなかったのだと。

 

泣く泣く住み慣れた家を後にして狭いアパートに住み始めました。

しかし手取り15万の事務の仕事では2人の子供を高校、大学へととてもいかせる余裕がありません。

仕事後の居酒屋のアルバイトにも行き始めるようにしたのですが、深夜までの仕事に体調まで悪くなる始末です。

 

「あの時、住宅ローンの残債を払うという夫の言葉を信じた自分がバカだった。

家を売却し、慰謝料と預貯金の財産分与を受けていれば小さなマンションくらいは買えたのに」

心底後悔するゆかりさんでした。

******************************************************************

出展:https://www.riconhiroba.com/money/divorce-money-assets.html

ほんとうにお気の毒なケースです。

ですがこういったことは稀ではないのです。

離婚するということは、すでに信頼関係がこわれていると考えなくてはなりません。

住み慣れた家に愛着はひとしおでしょうが、後のトラブルのリスクを考えれば、離婚を機にすっきりと売却してしまうのが賢明かもしれません。

引用:https://pixabay.com/ja/editors_choice/?media_type=photo&pagi=150

離婚はゆるやかに減少している

浮気、借金、性格の不一致

離婚原因はさまざまですが、人生の大きな転機であることに間違いはありません。

とくに女性にとっては子育てをひとりではじめることでの経済的負担が大きくのしかかってきます。

また一から仕事を始める人もいるでしょう。

そんな苦労をわかっていてでも離婚を決断したのには深い事情があると察することができます。

とはいえ、昔は離婚する自由すらなかったことを考えれば幸せなのかも知れません。

 

子供たちにとってはどうでしょうか。

離婚がめずらしくなくなった昨今では、子供たちは大人が思っているほど両親の離婚を悲観的にとらえないケースが多いようです。

「決まったことだから仕方ないでしょ。」と親以上に前向きであったりします。

そんな子供を見て、ケンカばかりの家庭で育つよりはよかったのかも、となぐさめられる母親も多いでしょう。

 

ところで離婚はとても増えていて3組に1組が離婚しているとも言われています。

しかし実際は離婚数はゆるやかですが減少しているのです。

それは、婚姻数の減少が原因で、そもそも結婚しない人が増えているため、離婚数が減っています。

日本の少子化問題はそのあたりにも原因があったのですね。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!