転職が決まった時点で浮上するのがマイホームをどうするかという問題です。

賃貸にして人に貸すにしてもメンテナンスなどでお金がかかることが目に見えています。

それだけに売却についても考える人が多いのです。

引用:https://pixabay.com/ja/photos/?cat=buildings&pagi=4

転勤が決まったら整理すべき5つのこと

突然の転勤辞令、大手企業のサラリーマンなら避けて通れない宿命です。

そして住んでいる家が賃貸住宅なら何の問題もありませんが、持ち家となると事情が変わってきます。

そこで家をもつサラリーマンに転勤の辞令が下った時に整理すべきことをまとめましたのでご覧ください。


1.また戻ってくることがあるのか


転勤が一時的なものであったり、数年後には同じ土地に戻ってこれるなら、期限付きで賃貸住宅として貸し出すこともありです。

ですが実際には賃貸にする人はあまりいないようです。

それは、家財道具を片付ける手間、貸し倉庫などで保管する維持費が思いのほか負担だからです。

そのうえで借主が見つからければ収入が入ってきません。

また戻ってこない場合でも、人に貸すと家の設備の修理やメンテナンス費用を持ち主が負担しなくてはならないので売却するケースが多いです。


2.収益がでる物件となるのか


持ち家が駅近であったり、人気の住宅地であった場合、ローン返済以上となるじゅうぶんな家賃収入が得られる場合があります。

その場合は収益物件として維持するのも財テクとなります。

ただし、家のメンテナンス、固定資産税などもまかなえるほどの採算がたってのことです。

綿密なシミュレーションが必要となります。


3.住宅ローンの返済ができるのか


現在住宅ローンが残っている場合ですと、転勤先でも住居を確保しなくてはなりませんので事実上「二重生活」となります。

住宅ローンを支払いながら、新しい住居の家賃を支払っていけるかが売却するかどうかの判断のしどころです。

人が住んでいないことで傷むのも早くなり、持ち家を維持するには意外とお金がかかります。

また近所で家の換気などをしてくれる親戚でもいればいいですが、転勤先が遠方だと、しょっちゅう戻るわけにもいきません。

今はまだ、住んでいるので実感がわかないかもしれませんが、一度、家から離れると戻るのはおっくうになることが多いです。


4.新居は購入するのか


新居を購入する場合は、ほとんどの場合、今の持ち家を売却することになります。

住宅ローンが残っているかどうか、売却でローンの残債が完済できるかといったことも問題となってきます。

そんな時は「借り換えローン(住み替えローン)」で連携を取るのがスムーズです。

「借り換えローン」を利用した場合は、住宅ローンの残債も合わせて新しく購入する住宅ローンに組み込んでもらえるので現金で清算する必要がなくなります。


5.どこに売却するのか


理想は売却を依頼する不動産会社と購入を仲介してもらう不動産会社が同じことです。

そうすればローンの連携からも売却できなければ購入ができないことから、バラバラの不動産会社を利用するよりも合理的な売買ができます。

多くの不動産会社の中から、持ち家を高く評価してくれるところを選んだなら、購入についても相談することが安心の材料となります。

引用:https://pixabay.com/ja/photos/?cat=buildings&pagi=4

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

マンション売却体験談

「もっと早くから準備を始められたらよかったなと反省しています。不動産会社を決める際にも、各社の強みを比較して選ぶことができたでしょう。

修繕をお願いした工務店についても、早い時期に手配しておけば慌てずに済んだのにと思います。今回の工務店選びの決め手は、価格だけではなく、私が指定した3月18日か19日に工事に来てもらえることでした。

3月は工務店の繁忙期で、”絶対にこの日に“というリクエストに対応できる工務店を見つけるのに苦労したんです。余裕をもたせたタイムスケジュールを組むことが大切だと実感しました」。

「貸すのは面倒くさいと思ったんです。賃貸に出す場合、不具合のある部分はすべて修繕しなければいけないので、手間がかかります。

わが家は老朽化でいろいろな支障が出てきていました。台所や洗面台、お風呂場の蛇口がゆるんでいて水漏れしていたり、リビングの引き戸の開け閉めがしづらくなっていたり…。

でも、売却なら、このままの状態で売りに出せます。買った人がリフォームすればいいのですから。不具合がある状態で売るので、売却価格は低くなると思いますが、それでも私は売りたかった。

引用:https://pixabay.com/ja/photos/?cat=buildings&pagi=4

出展:https://www.homes.co.jp/cont/sale/sale_00015/?nx_id=satei_cont_002

急きょ、大阪から東京への転勤が決まって、持ち家の売却か賃貸かを最後まで悩んだという方の体験談でした。

この体験談から、早く行動をはじめることの大切さ、そして賃貸として貸し出すわずらわしさが伝わってきます。

結局、ご夫婦で意見が別れ、不動産会社には3社に見積もりを出してもらい、売却と賃貸の両方で広告を出しました。

3組の内覧があり、そのうちの1組が賃貸ではなく、購入で契約をされたそうです。

引用:https://pixabay.com/ja/photos/?cat=buildings&pagi=4

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

高値で売却しやすい中古住宅は築10年まで

最近ではあえて古い戸建てやマンションを購入してリノベーションするケースが増えています。

また日本では都市部も含めて「空き家問題」がありますので、国も中古住宅の見直しに乗り出さざるをえない状況です。

とはいえ、いざ中古住宅を購入する人にとっては築年数が浅いほど安心感も大きく、魅力ある物件であることに違いありません。

築10年程度であれば、ほとんどリフォームをすることなく使用することができるので経済的にも築10年までの中古物件に人気が集まっているのです。

築10年後は住宅の10年保証期間も終了し、いろんなところに修繕の必要がでてきますので、もし築10年までの中古住宅の売却に悩んでいるのであれば、売却はとてもいいタイミングだといえます。

とくに一戸建て木造住宅の場合、約20年で建物の価値がなくなります。

建物の価値がある間の売却がいかに重要かということです。

余程の事情がない限り、持ち続けることは資産価値を下げることを意味します。

引用:https://pixabay.com/ja/photos/?cat=buildings&pagi=5

転勤で家を売却する場合の注意

急に決まった転勤で新しく住む場所も探さなくてはならない、現在住んでいる家も売らなくてはならない、そうなると慌てふためいて平常心を見失いがちです。

ここで注意したいのは、いくらバタバタしていようが家の売却は慎重にするということです。

何度も内覧に時間が割けないからと一社だけに依頼しては数百万円も損をすることが考えられるのです。

信用できる不動産会社を探すには複数の会社からの査定を受けるようにしましょう。

そうすることで相場を把握することもできます。

相場を知ったうえで、ゆっくりと売却すれば損をすることもありません。

また今では不動産の一括査定というものを無料で利用できますので、時間をかけることなく多数の会社から見積もりを集めることができます。

その中から納得できる見積もりを出してくれた会社をピックアップすれば、さほど時間をかけなくても確実に損のない取引ができるでしょう。

慌てて一社にまかせてしまうことだけは適正査定をうけるためにも避けたいです。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!