不動産の売却には買取りと仲介があります。どちらがいいかというのは一概に決めつけることはできず、その物件の特徴によっても変わってきます。こちらでは不動産売却の買取りと仲介についてご説明していきますので判断材料としてお役立てください。

引用:https://pixabay.com/ja/photos/

不動産売却時の買取と仲介の違い

不動産を売却するには買取り業者か仲介業者かを選ぶことができます。

買取り業者は不動産を売主から買取り、そのまま転売するかリフォームして売りに出します。

一方、仲介業者は売主が売却を希望する不動産の買い手を見つけることで不動産仲介手数料を得ます。

仲介業者の方が一般的ですので、不動産を売却しようとした時、初めて買取り業者の存在を知るといったこともあるようですが、不動産の買取での売却も広く行われていることです。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

不動産売却時の買取と仲介、どちらがいいのか

不動産を売却した人からどちらが良かったのかを聞くと、買取にも仲介にもそれぞれメリット、デメリットがあるといいます。

買取の方が安く査定されるといわれていますが、物件によっては仲介に出してもいつまでも売れずに最終的に買取価格くらいまで値下げしたというケースがあるため、「買取=損」となるとも限りません。

不動産売却時に買取りと仲介のどちらを選べばいいのかは、売主の状況によって選ぶことになります。

たとえば不動産売却を急いでいないのであれば仲介、売却した資金を早くに運用したい場合であれば買取を選択することになるでしょう。

引用:https://pixabay.com/ja/photos

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

不動産売却時の買取のメリット

◆買取のメリットその1:現金化のスピード

買い取る不動産会社は買取を決定すれば即座に現金で決済しますので、買い手の住宅ローン審査を待つ必要もなくすぐにでも売却資金を、次のローンにまわすなどの運用ができます。

そのため引っ越し時期などの計画性が立てやすいです。

◆買取のメリットその2:売却を近所に知られない

買取では、仲介の様にインターネットに情報が流れたり、物件にのぼりを立てたりしませんので不動産を売却していることを近所に知られることなく取引ができます。

当然、何人もの購入希望者の内覧を受け入れる必要もありません。

買取のメリットその3:不動産仲介手数料がいらない

不動産を直接、不動産会社に売却するので不動産仲介手数料が必要ありません。

通常不動産仲介手数料は3000万円であれば96万円ですので諸費用の節約になります。

買取のメリットその4:瑕疵担保責任がない

瑕疵担保責任とは一般の買主に売却した場合、売却から1年間(※)は物件の欠陥に対して修復、改善の義務を負うものです。

売却先が不動産会社の場合、この瑕疵担保責任を負う必要がありませんのでリスクが低いといえます。

※契約内容によります。

引用:https://pixabay.com/ja/photos/

不動産売却時の買取のデメリット

買取のデメリットは売却価格です。

市場価格の10%~20%は安くで売却することになります。

3000万円で売れるところが2700万円~2400万円になると考えると大きく損をしたように感じます。

この売却価格をどう受け止めるかで買取か仲介かを選択することになるでしょう。

不動産売却時の仲介のメリット

反対に仲介のメリットは不動産が買取より高くで売れる可能性があるということです。

とくに立地や利便性などの条件のいい物件であれば、必ず買い手が付きますので仲介で売却するのがいいでしょう。

ただし、買取より高く売れるというのは可能性であっていつまでも物件が売れない場合には価格を下げていくことになり、最悪の場合では買取と同じような価格で売却することも考えられます。

引用:https://pixabay.com/ja/photos/

不動産売却時の仲介のデメリット

◆仲介のデメリットその1:いくらで売れるかわからない

売却価格の設定によっては仲介物件はなかなか買い手がつかないことが多いです。

ようやく内覧をした買主が金額交渉してくる場合もありますので、最後までいくらで売れるかはわかりません。

またいつ売れるのかも販売を開始した時にはわからないので、転居の予定なども立ちにくいといえます。

仲介のデメリットその2:内覧の面倒さ

内覧は一度とは限らず、買い手がきまるまで何度も立ち会わなくてはなりません。

そのたびに片付けやそうじをしなくてはならないといった面倒さがつきまとうのです。

仲介のデメリットその3:不動産仲介手数料が必要

不動産仲介手数料は売却額の3%プラス6万円と消費税です。

買取での売却価格近くまで値下げした上に、仲介手数料が発生した場合は手痛い損失となってしまいます。

仲介のデメリットその4:物件状況報告の義務

買主が知らなかった不動産の欠陥についての補償をしなくてはならない瑕疵担保責任があります

また、売主は買主に対して物件状況報告をする義務があり、例えば雨漏りがすることなどを説明せずに売却した場合、発覚すると損害賠償請求が発生することも考えられます。

引用:https://ccphotosearch.com/#home

不動産売却時の買取と仲介の口コミ

中古マンションを売りにだそうと思います。

築28年です。都内、駅から8分、中層階、南向き、大規模物件、
大手不動産分譲という条件です。

私も中古で買いました。業者の買い取りってどうですか? 相場の8割なら
いいかなと思うのですが・・・。正直、あまりきれいに住んでいないので、
見に来て、あれこれ言われるよりいいかなと思うのですが・・・。値段
さげても売れなくていらいらするより、すっきりとしたほうがいいかな
と。

業者に買い取ってもらう場合、税金、手数料なんかはどうなるのでしょうか。
仲介の場合は、手数料取られるので、それがなければ、結構違うような気も
するのですが・・・。

確か仲介の値引きって7%ぐらいが平均的とどっかに書いてあったな。
仲介手数料は3%強なので、全部で10%ぐらい。
業者への売却が8割だとしても、10%分ぐらいは高く売れることになる。
業者にしたって、登記費用、不動産取得税、更には利益が出れば短期売買の譲与所得税がかかり、
自分とこの経費も考えて20%のマージンでやっていけるのかな?
リフォームして高く売れる勝算があるんじゃない?
まあ最後は売主さんの判断になりますが、仲介に頼んだほうがいいような気がします。

車やバイクだと下取り、買取余り気にしないで出されます。

当然、儲けが有るので業者も下取り、買取してくれるはずなんですよね。

不動産に関しては、金額も金額なんですが買取業者と仲介難しい判断ですね。

つい一年前位までは、エンドユーザーより業者の方が高買いしておりましたが、現在は大半体力がない状況ですから、仲介の方が高く売却できる可能性が高いでしょうか?

その時の状況ですかね?

難しいですね。

城南地域築10年、最寄り駅徒歩13分という条件で丁度1年前中古で売りに出しました。
なかなか買い手が付かない中、この地域でリノベーションを得意としている業者が、売り出し値段
の9掛弱で買い取るという条件出して来たので即決しました。
他の業者は8掛でしたが、この業者だけは同じマンションを過去手がけた事あるという事で好条件でした。

業者売りの場合、瑕疵担保のリスクが低いのと、キャンセルが無い等、メリットもありますね。

業者買取のメリットは
瑕疵担保免責にしてもらえることや事故物件でも値段が合えば
買取しくれます。
ネットでたくさん買い取り業者がありますので、大手仲介会社に
依頼せず直接問い合わせれば、無駄な売却費用がかからずすみます。

大手仲介会社は、何も保証しくれません。

買取と仲介、それぞれの物件の状態や、売主の状況によって選ばれているようです。

一長一短といえますが、価格が下がっても買主へのアフターフォローが無いのはひとつの安心材料ですね。

買取か仲介かを決める前に、価格査定してみることも判断材料となるでしょう。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!