加古郡(稲美町、播磨町)の不動産売却方法や、土地情報、町の魅力を紹介していきます。

加古郡(稲美町、播磨町)の地価情報

https://ja.wikipedia.org/wiki/稲美町

昨年10月の記録によると、加古郡は兵庫県播磨国の郡で、人口は約64392人、人口密度は、1.462人k㎡です。

また、同様の年月に、稲美町は30666人、人口密度は878人k㎡、播磨町は、33726人、人口密度、36942人k㎡と明記されました。

加古郡播磨町の地価公示価格 坪単価(平均)→23万円

土地取引価格 坪単価(平均)→28万円

地価公示価格は0.94%、土地取引価格は48.33%上昇していると昨年の更新で明確になりました。

加古郡稲美町の地価公示価格 坪単価(平均)→15万円

土地取引価格 坪単価(平均)→8万円

地価公示価格は0.11%上昇、土地取引価格は28.63%下がっていました。

播磨町は上向きな傾向にあり、稲美町には若干の差が見られますが、加古郡の価値が下がったわけではないので安心してくださいね。

では、次は加古郡稲美町、播磨町の町の魅力、不動産情報など見ていきましょう。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

加古郡(稲美町、播磨町)の情報

https://ja.wikipedia.org/wiki/播磨町

加古郡について

加古郡は、明治12年に行政区画として発足した当時の郡域は稲美町と播磨町の他に加古川市、高砂市、明石市の一部になります。

稲美町について

稲美町は、「過去村」、「母里村」及び、「天満村」が廃止され、新たに「稲美村」に改められました。

稲美町の花は、コスモスで、晩夏から秋にかけて素朴で清楚な花を咲かせるこの花は、秋桜の別名を持っています。

野生地帯でも強く育つ花なので、稲美町の花として愛されています。

また、町の木はもちの木で、深紅の愛らしい花を咲かせ、大変立派なことから植木として市民に親しまれています。

また、穀倉に相応しい田園の町として「稲美町」と決定し、農業基盤の設備を強化しながら、阪神地区のベッドタウンとして南部を中心に宅地開発が進行中です。

稲美町の特産品は、稲美メロンと米、いちじく、大麦があります。

農業の人口は年々減少している傾向にありますが、農林水産省から支給されている補助金を元に営農指導のもと、米作が盛んです。

稲美町の隣接自治体は、神戸市、明石市、加古川市、三木市となり、兵庫県南部に位置し、兵庫都市圏に属します。

兵庫県東播磨県民局に区分され、古代ではかつて、印南野とも呼ばれていました。

播磨町について

播磨町は東播磨県民局の管轄区域です。

兵庫県で最も面積が小さく、3割が海を埋め立て地にしている人工島となっています。

兵庫県播磨地区南東部に位置していて、印南南野台地から流れる喜瀬川流域に街が広がっています。

また、JR土山駅と山陽電鉄播磨駅の2駅があり、神戸から約40分、姫路からは30分位置にある交通の利便性が特徴です。

町の花は菊で、優雅で気品があることから多くの市民に親しまれています。

町の木である松も、かつて白砂青松の沿岸美を誇り、根を張り、天に向かって立つような姿は、本町の発展を意味しているのです。

また、一般機器具製造や、化学工業を中心とする約60数社を操業し、製造出荷額が県下でも上位になりました。

この他にも産業に関しては、漁業が盛んで、はえ縄漁を主にしていて、海苔、マアナゴ、スズキ、タコなどが採れます。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

加古郡(稲美町・播磨町の観光名所)

稲美町の観光地

天満大池公園

https://ja.wikipedia.org/wiki/稲美町

農業用の貯池としても機能している天満大池を整備した公園で、農林水産省のため池百選に認定されています。

天満神社

https://ja.wikipedia.org/wiki/天満大池公園

社伝では、元は王子権現や隣接する天満大地を神格化した池大明を祭神としていましたが、菅原道真が太宰府に向かう途上に当地で休息したという伝承から道真を主祭神とする天満宮になったと言われています。

さくらの森公園

桜の名所として知られていて、数十本の桜があり、公園は管理が行き届いているので、幼い子どもが遊んでも安全です。

播磨町の観光名所

野添北公園

https://ja.wikipedia.org/wiki/播磨町

「防災、環境、福祉」をテーマに設備されていて、園内パークセンターには災害時に備えた防災倉庫も設けられています。

水質浄化の為の水生植物が植えられ、市民が安全して利用出来るよう、バリアフリー施設となっていて、水辺の移行場として利用されています。

円満寺

野添であい公園に隣接して円満寺があり、近代的なイメージが強い五十塔です。

播磨町郷土資料館

https://ja.wikipedia.org/wiki/播磨町

大中遺跡出土品を展示した資料館で、郷土の偉人として有名な、新聞の父、ジョゼフ・ヒコや廃線となった別府鉄道などの資料も展示しています。

大中遺跡

https://ja.wikipedia.org/wiki/播磨町

弥生時代中期から古墳時代中期の代表的な遺跡の一つで、公園と合体している国の史跡です。

加古郡(稲美町、播磨町)の口コミ情報

加古郡の2つの町の不動産会社の対応はどうなのでしょうか?

不動産屋さんの口コミ

女性女性

ご紹介頂いた物件が築年数の古さは若干感じられましたが、家をリフォームする予定でしたので、予算に合う家が見つかりました。


男性男性

金額、場所、敷地の広さと満足いく物件に出逢えました。

女性女性

ローンの事や引っ越しの事を相談出来たり、担当エリア外でしたが、条件に合った物件を購入出来ました。

男性男性

メリット・デメリットを的確に言って頂けただけでなく、開発分譲時の角地にも関わらず、月々の支払いは安くなり満足です。

土地の口コミ

続いて、加古郡の2つの町での暮らしぶりは如何なものでしょうか?在住者さんや住んだ経験のある方の声をまとめてみました。

女性女性

駅や学校が近く、商業施設も付近にあるから通学や日常に便利です。

男性男性

大きなショッピングモールが割と近いので買い物や遊ぶのが楽しいです。

女性女性

バイパスに乗りやすく幹線道路へのアクセスも良いので、どの方面でも出掛けやすいです。

男性男性

降水量が少ない温暖気候なので台風の被害がないですね。

加古郡(稲美町・播磨町)情報まとめ

兵庫県加古郡播磨町の地価公示価格→23万円、土地取引価格は28万円。

前年比(地価公示価格)→0.94%(土地取引価格)→48・33%上向きました。

兵庫県加古郡稲美町の地価公示価格→15万円、土地取引価格は8万円。

前年比(地価公示価格)→0・11%上がり、(土地取引価格)→28.63%下がりました。

このような結果ではありますが、不動産会社の対応も不満の声がなく、都会と田舎が融合したかのような小さな町ではありますが、市民も納得のいく快適な日常が出来る町だと分かりました。

土地の安さが特徴的な、加古郡(稲美町・播磨町)では、不動産を売るなら今がチャンスです。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!