横浜市鶴見区は、横浜市の最も東にある市であり、隣の東京湾に面しています。人口は、288,765人と東京の隣だけあって多くの人が暮らしていますね。

今日は、そんな横浜市鶴見区の土地情報を生活情報や不動産売却法を併せてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

横浜市鶴見区の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/横浜市鶴見区役所

横浜市鶴見区には、近代的な設備と大自然の緑が共存しているという不思議な雰囲気があります。

面積が33.23km2あり、総人口 が288,765人(推計人口、2017年10月1日)となっており、人口密度も高いですね。それだけ、横浜市鶴見区で「暮らす理由」があるということです。

そういう意味でも人気が高い横浜市ですので、価格も上昇中です。横浜市鶴見区に不動産を所有していて、売却を検討している人にとっては大きなチャンスがやってきたのですね。

現在の横浜市鶴見区の土地の価格が次の通りとなっています。

  • 土地公示価格 ➡ 99万円  +2.99%
  • 土地取引価格 ➡ 111万円  +36.71%

土地の価格の隣にあるのが、前年度との比較の値です。これを見ると、土地の公示価格が+2.99%となっており、やや上昇気味ですね。

実際の土地取引では、+36.71%となっていて、大きく上昇しているのが分かります。3割以上もプラスになるなんて、土地全体で計算すると、かなり大きな差になってきますね。

横浜市鶴見区の産業と企業

  • キリンビール横浜工場
  • JFEスチール東日本製鉄所京浜地区
  • 森永製菓鶴見工場
  • 東芝プラントシステム
  • エーアンドエーマテリアル
  • 京三製作所
  • すてきナイスグループ
  • NFKホールディングス(JASDAQスタンダード)

関東では、東京に続いて神奈川県にも、たくさんの大企業が集中しています。これらを含めた多数の会社に勤務している人も、横浜市鶴見区の不動産を購入する検討をしているのではないかと思われます。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

横浜市鶴見区の生活情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/横浜ベイブリッジ

横浜市鶴見区での生活は、交通情報、医療、観光、教育など多岐にわたりますが、それらの主要なところを見ていきますね。

横浜市鶴見区の観光とイベント

  • スノーヴァ新横浜
  • 車地蔵
  • めがね橋
  • 生麦事件参考館・発生場所
  • 獅子ケ谷市民の森
  • 神奈川県立三ツ池公園など

同じ鶴見区でも、北西の方面では自然が残っているため、森などの公園があるのですね。

交通事情

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鶴見線

横浜市鶴見区の人たちの足となって活躍しているのが公共の乗り物です。ここでは、横浜市鶴見区に不動産を購入した人がどんな交通手段を使えるのか見ていきますね。

電車

  • 京阪東北線
  • 京急本線
  • 鶴見線
  • 南武線

鶴見区を通る鉄道は、複数あります。東海道本線、京急本線、鶴見線の3つなんですね。その鶴見区は、臨海部の工業地帯をカバーする役割を担っています。

バス

  • 横浜市営バス
  • 川崎鶴見臨港バス
  • 東急バス

鶴見区の内陸部の地域の人にとっては、駅が遠いこともあり、バスは欠かせない交通手段となっています。

隣接する道路など

  • 国道1号
  • 国道15号
  • 国道357号
  • 首都高速道路の神奈川1号横羽線
  • 首都高速道路の湾岸線

この湾岸線では、鶴見つばさ橋と横浜ベイブリッジが有名ですね。

教育環境

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/横浜市立大学

横浜市鶴見区へ不動産を購入するためには、教育環境を知りたいと思うのが購入者の気持ちですよね。そのため、この鶴見区の環境がどれだけ素晴らしいのか見ていきますね。

大学

  • 理化学研究所横浜研究所
  • 横浜商科大学つるみキャンパス
  • 鶴見大学
  • 鶴見大学短期大学部
  • 横浜市立大学大学院国際総合科学研究科

高等学校

  • 神奈川県立鶴見高等学校
  • 神奈川県立鶴見総合高等学校
  • 横浜市立東高等学校

横浜市鶴見区は、東京都も隣接しており、進路に対する選択肢は無限にありそうです。子どもさんの特性を生かした進路を見つけてあげることが出来る街でもありますね。

中学校

  • 横浜市立市場中学校
  • 横浜市立潮田中学校
  • 横浜市立末吉中学校

小学校

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/横浜市立入船小学校

  • 横浜市立末吉小学校
  • 横浜市立市場小学校
  • 横浜市立潮田小学校

その他の教育機関

  • 神奈川県立鶴見養護学校
  • 鶴見朝鮮初級学校

子育て環境

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鶴見川

自然があるところで子育てをしたいと思う人は多いですよね。可愛い我が子のためにも出来るだけ空気のきれいなところで暮らしたいと思ってしまいます。

しかし、一方で仕事の関係もあり、どうしても都会を離れることが出来ない人も多いのが現状です。

この横浜市鶴見区なら、その両方が手に入るといってもよさそうです。海や空、緑といった子どもの心身の健康に必要なものが、仕事の環境と共存しているから人気も高まるわけですね。

医療機関

  • 横浜市東部病院
  • 平和病院
  • 汐田総合病院 など

横浜市鶴見区でしたら、医療機関も設備の整った場所で検査や治療を受けることが出来ます。

保育園

  • あゆみ保育園鶴見
  • 鶴見中央保育園
  • 花月園前ここわ保育園など

公共の施設

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/環境エネルギー館

  • 鶴見図書館
  • 入江川せせらぎ緑道
  • 東寺尾ふれあいの樹林
  • こどもログハウス「ピッコロ」
  • 入船公園
  • 海芝公園
  • 獅子ケ谷市民の森
  • 横浜ベイブリッジ
  • 市場一里塚
  • 環境エネルギー館

人口の多さや会社の規模もあって、横浜市鶴見区では、このような公共の施設を利用することが出来ます。

鶴見区民の特権と考えるとうれしくなります。親子や家族で楽しい時間を過ごすことも、たまには必要ですね。

横浜市鶴見区で暮らしたことがある有名・著名人

  • アントニオ猪木さん(格闘家)
  • USA さん(EXILE)
  • 緒形直人さん(俳優)
  • 香取慎吾さん(タレント)

スポーツ界や文化界、芸術など多岐にわたり各分野で活躍されている人が多く輩出されています。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

横浜市鶴見区の口コミ情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/たまちゃん

テレビでも有名になった「たまちゃん」は、鶴見区に住民票があるのですが、同じように住民票を鶴見区に移した人たちの声を聞くことが「自分たちの土地がどれだけ素晴らしいか」を知るために一番分かりやすいですね。

では、横浜市鶴見区の土地の情報について、今度は実際に利用したり引っ越した人達からの生の声を集めてみましたので見ていきましょう。

不動産屋さんの口コミ

実際に、横浜市鶴見区の不動産屋さんを利用して対応はいかがでしたか?

女性女性

鶴見区の地域に密着している不動産だと契約後も相談が出来たりして、安心できることが多いのが良かったです


男性男性

無理な営業をされなかったのが質問もしやすくて気に入ったよ

女性女性

鶴見区の近隣のことについても教えてくれたので生活が始まるときに不安を減らしてくれたのが嬉しかったです


男性男性

多くの物件を扱っていて、こちらの条件に沿った資料を作成していたので見やすく比較検討がしやすかったのが良かったです

女性は普段の生活などの精神的なフォローについて、男性は合理的な対応が気に入っていたようです。

忙しい人が多いので、出来るだけ最短で、手際よく対応をしてもらいたいと思うのは、今やどの業界でも求められているようですね。

こんな不動産屋さんが、自分たちの不動産と購入相手を仲介してくれると安心ですよね。

土地の口コミ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/響橋

横浜市鶴見区で生活をしてみた感想はいかがですか?こちらの土地での生活が良かったと思うことがあったら教えてください。

女性女性

鶴見大学歯学部があるからか、歯科医が多く保育所付などのサービスが良い病院があって助かっています


男性男性

バスで鶴見駅へ出たり、川崎方面や横浜の中心地、東京の品川など、どこへも出られる交通の便があるのが良いよね

女性女性

幼稚園や保育園が多くあり、子育て支援センターや子供向けが充実した図書館もあるので、子育てがしやすい環境が嬉しいです


男性男性

横浜という都会でありながら、鶴見区は自然も多く季節の行事やお花見など観光客も賑わう景色が気に入っています

利便性が高いというのが、みなさんの意見で多いようですね。医療や教育といった人生に深く関わっていくものも、充実しているため選択肢がたくさんあるのが嬉しいようです。

実際に横浜市鶴見区へ転入してきた人たちが、こうして充実した日々を送っていることは、不動産を売却する側にとっても安心できる材料の1つであることは間違いないですね。

横浜市鶴見区の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/横浜市営バス

今日は、市の花が「サルビア」となっているお洒落な横浜市鶴見区の土地について、いろんな角度から見ていきました。

横浜市鶴見区では、大きな企業も多くあり、それらが「暮らす理由」となっている場合もあります。

何をするにも便利であり、見たい芸術や知りたい情報も、地方にいると機会に恵まれにくいのですが、横浜では、それらが自由にたくさんの機会と共にありますよね。

すると、横浜市に不動産を求める人が増えることで、価格は上昇していきますので、横浜市鶴見区に不動産を所有していて、売却を検討しているのなら、今が大きなチャンスということになります。

現在の横浜市鶴見区の土地の価格は、次の通りとなっていました。

  • 土地公示価格 ➡ 99万円  +2.99%
  • 土地取引価格 ➡ 111万円  +36.71%

土地の公示価格が+2.99%となっており、実際の土地取引では、さらに大きく上昇しているのが分かります。

3割以上もプラスになるなんて、土地全体で計算すると、新車が購入出来たり、地方へセカンドハウスを手に入れるほどの差が出てくるのですね。

自分の財産を管理する上でも、現在の自分の不動産の価値を査定で調べておくのも大切なことではないでしょうか。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!