横浜市神奈川区は、横浜市で初めて生まれた区であり、全国でも第9位となる大きな区です。

今日は、そんな地名伝説も多いといわれている横浜市神奈川区の土地情報や生活情報を不動産売却と併せてお伝えをしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

横浜市神奈川区の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/横浜市神奈川区役所

横浜市神奈川区には、諸説ありますが、浦島太郎の伝説が有名です。横浜市神奈川区には、浦島太郎が足を洗った川や、腰かけて泣いたという石などが残っています。

浦島太郎の両親のお墓が白幡にあったことから、地域の名前も「浦島町」や「亀住町」といった名残もあるのですね。

現在は、宿場町であった神奈川区も、工業都市として発展しており様々な企業が集まっています。

宿場町と神奈川の由来

東海道の宿場町として知られていた「神奈川宿」ですが、下記のような言い伝えが名前の由来として残っています。

日本武尊が東方へと赴くときに、上無川で船出を用意していました。ところが、倭姫命にもらった宝剣がふいに水面に映ったことで金色に輝いて見えたので、「金の川」つまり「かながわ」と呼んだのですね。

そうした金の川に対する美しさを褒めたたえたことで、この川は「皇城の方角」なので「神が大いに示す地である」と言ったことから「大いに示す」を立てに重ねた文字「奈」として「神奈川」としたそうです。

そんな横浜市神奈川区の土地の価格は、下記の通りとなっています。

  • 土地公示価格 ➡ 124万円  +5.51%
  • 土地取引価格 ➡ 102万円  +14.62%

土地の価格の隣には、前年度との比が記入してあります。これを見てみると、公示価格が+5.51%となっており若干の上昇傾向にあったことが分かります。

実際の土地取引においては、+14.62%とさらに大きく上がっていることが分かりますね。

それだけ横浜市神奈川区の土地の価値は、利便性の良さやみんなからの注目を集め、必要とされるのと同時に、人気だけでなく価格も急上昇しているというわけです。

横浜市神奈川区の土地を所有している人にとっては、大きなチャンスが到来してるんですね。

横浜市神奈川区の産業と企業

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/京浜工業地区

  • JVCケンウッド(旧・日本ビクター)
  • 日産自動車横浜工場
  • JXTGエネルギー横浜製造所
  • 日本製粉横浜工場  など

日本を代表する企業を中心とした工業が多く集まっています。また、おしゃれな街としても、国内外より注目の的であるといえますね。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

横浜市神奈川区の生活情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/横浜ベイクォーター

ドラマに出て来そうな近代的な建物も、都市部に近いほど多くなってきます。しかし、水のきれいさや緑が残っている地域もあり、横浜市神奈川区は過ごしやすい地域でもあります。

また、交通網も選択肢がたくさんあるので、通勤がしやすいといったメリットが大きいですね。

それから、東京への境目に近いので、羽田空港へも短時間で行けることから、横浜市神奈川区での区民の生活には利便性と快適性が融合しています

横浜市神奈川区の観光とイベント

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/三ツ沢公園

  • 東海道神奈川宿
  • かなっくシティ
  • 横浜市中央卸売市場本場
  • シーバス(横浜駅東口乗船場)
  • 三ツ沢公園
  • ヨコハマポートサイドなど

都市部に近いといっても、地域によっては自然や緑が残っているところは多くあります。季節ごとに楽しめる公園は、みんなの癒しになりますね。

交通事情

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/横浜線

横浜市神奈川区の中心となる駅は、JR東神奈川駅と京急仲木戸駅、そして東急反町駅となっています。

電車

  • JR横浜線
  • JR京浜東北線
  • 東海道貨物線
  • 京急線など

バス

  • 横浜市営
  • 相鉄バス
  • 神奈川中央交通
  • 京浜急行バスなど

区民の生活で、バスに乗る時には、ほぼ横浜市営バスを利用する人が多いそうです。

隣接する道路など

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/第三京浜道路

  • 第三京浜道路
  • 首都高速道路 横羽線
  • 首都高速道路など

東京が近いこともあり、高速をはじめとする道路の整備は、行き届いており走行しやすいのが良いですよね。

ただし、大型連休の時には、長時間に及ぶ渋滞が発生するので、お出かけするのがあらかじめ分かっている時には、利用時間を工夫した方が良さそうです。

教育環境

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/あずさ第一高等学校野田本校

横浜市神奈川区では、市民を対象とした講座を開くなど、活発に教育施設を利用することに力を入れたり、子育てを支援する活動も行われているので安心して子育てをすることが出来そうですね。

大学

  • 神奈川大学横浜キャンパス
  • 情報セキュリティ大学院大学

神奈川県の中では、唯一の総合大学として神奈川大学がその役割を担っています。また、横浜市神奈川区と連携しており、「神奈川区民大学」と銘打って区民へ向けた講座を開講していることでも知られています。

高等学校

  • 神奈川県立横浜翠嵐高等学校
  • 神奈川県立神奈川工業高等学校など

中学校

  • 横浜市立松本中学校
  • 横浜市立六角橋中学校

小学校

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/三ツ沢小学校

  • 横浜市立神大寺小学校
  • 横浜市立南神大寺小学校

その他の教育機関

  • 学校法人大原学園横浜校
  • 横浜調理師専門学校
  • 情報科学専門学校横浜西口校
  • 学校法人三幸学園

いろいろと専門的な技術を身に付けることが出来る学校がたくさんあるのも横浜市神奈川区の魅力ですよね。

子育て環境

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/白幡池公園

横浜市神奈川区では、公園が多く市民の憩いの場になっていたり、季節を感じる空間があるので、情緒豊かな子どもを育てる環境は整っているのが嬉しいですね。

保育園

  • 横浜市菅田保育園
  • 保育園こりす
  • あおぞら保育園など

公共の施設

  • 神奈川図書館
  • 神奈川スポーツセンター

親子で使えたり、グループで利用するなど、心身両面を鍛えるための施設があることも良いことですね。

横浜市神奈川区で暮らしたことがある有名・著名人

  • 大前研一さん(評論家)
  • 出川哲朗さん(芸人)
  • 阿部寛さん(俳優)
  • 内海賢二さん(声優)
  • 草笛光子さん(女優)
  • 山本リンダさん(歌手)
  • 萩原康弘さん(元プロ野球選手)など

横浜市神奈川区では、文化、芸術、スポーツなど多種多様な分野から活躍されている人たちが暮らしていたのですね。

情報の街であるためか、知的な人も多く輩出している区でもあるようです。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

横浜市神奈川区の口コミ情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/キャベツとランドマークタワー

横浜市神奈川区の土地の情報について、今度は実際に利用したり引っ越した人達からの生の声を集めてみましたので見ていきますね。

不動産屋さんの口コミ

実際に、横浜市神奈川区の不動産屋さんを利用してみた時の対応はいかがでしたか?

女性女性

消費者の立場になって一生懸命に考えてくれる人たちだったので良かったです


男性男性

自分の希望を伝えて、最後に仕上げたときにはスタッフの人と作品を一緒に作り上げた気持ちがしました

女性女性

契約後のフォローもしっかりと行き届いていたので信頼ができて、快適に過ごすことが出来ました


男性男性

厳しい条件を出しましたが、誠実に対応をしていただいて感謝しています

数字だけを見ると、事務的な感じがしてしまいますが、相手の立場に立って考えてくれる不動産屋さんがいてくれると、不動産を売却した方も気持ちがスッキリして嬉しいものですよね。

土地の口コミ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/六角商店街

横浜市神奈川区で生活をしてみた感想はいかがですか?こちらの土地での生活が良かったと思うことがあったら教えてください。

女性女性

駅が近くて都心へのアクセスが抜群の環境が仕事をするうえでも快適で気に入っています


男性男性

ほとんどの電車が停車する駅なので、便利であり、東京へも20分程度で到着するところが良いですね

女性女性

信頼できる医療機関もあり、教育施設が充実しているので、市民が利用できる場所で勉強や調べものが出来ることも助かります


男性男性

買い物も近いところで総て揃うし、休日は子どもを連れて公園や区の施設を利用出来るので良いですね

公私ともに利用出来て便利というのが快適性の理由に挙げられていますね。毎日の自分の動きにあった施設や乗り物など、揃うことが都市部に近い場所で生活するときのメリットといえるようです。

こうして充実した時間や快適性に満足している人が多いと、不動産を売却した側の満足度も上がりそうですね。

横浜市神奈川区の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/神奈川区ポートサイド地区

今日は、区の花がチューリップという横浜市神奈川区の土地に関する情報を色々と見て来ました。

現在は、宿場町であった神奈川区も、工業都市として発展しており様々な企業が集まっています。

横浜市神奈川区は、東海道の宿場町であった「神奈川宿」とう名前から付けられました。もちろん県名も由来しています。

 

そんな横浜市神奈川区の土地の価格は、下記の通りとなっています。

  • 土地公示価格 ➡ 124万円  +5.51%
  • 土地取引価格 ➡ 102万円  +14.62%

公示価格が+5.51%と若干の上昇傾向であり、実際の土地取引においては、+14.62%とさらに大きく上がっていることが分かりますね。

横浜市神奈川区の土地の価値は、利便性の良さや洗練度などといったことからも国内外から注目を集めています。そのため、人気と共に、価格も急上昇しているのですね。

そんなことから分かるのは、「横浜市神奈川区の土地を所有している人にとっては大きなチャンスが到来している」ということです。

今後もメディアを始めとして、経済や文化といった様々な分野から東京に次ぐ日本を代表する県の1つとして注目を浴びそうです。それにともない働き盛りの人たちからも、「横浜で暮らしてみたい」といった憧れを抱かれることも多い横浜なんですね。

これを機に自分の財産の価値を知っておき、不動産売却の有利な方法を選択できるように準備しておくのも良いのではないでしょうか。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!