大阪では、唯一の村を含んでいるのが南河内郡となります。現在では聞かなくなった村の名前は、大阪にも、まだ残っていたんですね。

今日は、そんな3つの町村の土地情報や生活情報を不動産売却法と共にいろんな角度から見ていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

南河内郡(太子町、河南町、千早赤阪村)の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/河南町役場

南河内郡には、2つの町と1つの村があります。その3つを併せて、南河内郡が構成されています。

その面積は面積76.73km²あり、人口は34,561人となっており、自然の豊かなこの土地でも、たくさんの人が暮らしているようです。

また、南河内郡の土地の価格は下記の通りとなっています。

  • 太子町の土地公示価格 ➡ 16万円  -0.42%
  • 太子町の土地取引価格 ➡ 5万円  -64.76%

土地価格の隣にある数字は、前年度比の値を表しています。これで見てみると、太子町の公示価格は、16万円となっており-0.42%と若干の下がり気味でした。

しかし、実際の土地取引では、さらに大きく-64.76%となっており土地価格が下がっていることが分かります。

  • 河南町の土地公示価格 ➡ 8万円  -17.24%
  • 河南町の土地取引価格 ➡ 4万円  -39.53%

続いて、河南町の場合を見てみると、公示価格が-17.24%となっており太子町よりも下がっていたことが分かりますね。

また、実際に行われた土地取引では、大きく-39.53%も下がっています。太子町も、河南町も、4割~6割りも土地の価格が下がっていたのですね。

  • 土地公示価格 ➡ 9万円  -2.66%
  • 土地取引価格 ➡ なし

そして千早赤阪村においては、公示価格が-2.66%となっており太子町や河南町ほどではないですが、やはり若干の下降を見せ始めています。また、実際の土地取引は、千早赤坂村では前年は全くなかったことが分かりますね。

南河内郡の3つの町にある産業

金剛山や棚田などがあり、豊かな自然に囲まれているのは歴史や観光の村としても知られている南河内郡を構成する1つの千早赤阪村です。

産業としては、主に花栽培、しいたけ栽培が盛んに行われており、特に凍り豆腐(ちはや豆腐)の産地として有名です。

しかし。農業や林業といった家業を受け継ぐ一方で、大阪市など近隣の地域へと働きに出るといった世帯も増えているようです。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

南河内郡(太子町、河南町、千早赤坂村)の生活情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/南河内郡の棚田

写真は、南河内郡の棚田ですが、緑がイキイキした見事な棚田ですよね。子育て世代の人にとっては、子どものことが心配になると思います。

しかし、感性が豊かなうちに、自然の緑を見ることが出来たり、森林浴効果で空気のきれいな環境での暮らしは、将来の子どもの心身の形成にも良い影響を与えてくれるので良いことなんですね。

南河内郡の3つの町村にある観光とイベント

  • 千早赤阪村立郷土資料館
  • 金剛生駒紀泉国定公園
  • 大阪府立近つ飛鳥風土記の丘
  • ちはや星と自然のミュージアム
  • 金山古墳(国の史跡)
  • 千早城跡(国史跡)
  • 大阪府立近つ飛鳥博物館
  • ワールド牧場

星のミュージアムや牧場といったように、南河内郡の観光スポットは「山の雄大な景色や風を感じる施設」が多いことが分かりますね。

交通事情

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/金剛バス

交通事情で見ると、近鉄南大阪線が通っているのですが、実際には駅がないのが現状です。南河内郡の人たちが利用しているのは、羽曳野市にある上の太子駅や、富田林市にある富田林駅なのですね。

電車

  • 近鉄南大阪線

バス

  • 金剛バス

金剛バスは、近鉄長野線富田駅よりほぼ全域にわたって通じています。つまり、金剛バスが駅からの道のりをサポートしてくれるというわけですね。

隣接する道路など

  • 南阪奈道路(太子インターチェンジ)
  • 国道166号

道路も高速へ繋がることが簡単に出来るので、太子インターチェンジまでの色とりどりの山の景色と、高速に乗ってからの流れる景色を楽しむことが出来ますね。

教育環境

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/千早赤坂村立赤様小学校

大阪府での唯一の村である「千早赤坂村」は、読み方が長いのですが「ちはやあかさかむら」と読みます。

村って聞くと、ものすごく田舎を連想してしまいそうですよね。しかし、そこはやはり大阪府なので施設や環境は、しっかりしており教育も充実しているので大丈夫なんですね。

大学

  • 大阪芸術大学

高等学校

  • 上宮太子高等学校

高等学校にもなると、最寄りの駅から近隣の学校へと通学することも簡単なので、将来の夢を叶えるための選択肢は増えそうです。南河内郡でゆったりと暮らしながらも、大切な我が子の夢を十分に叶えてあげられそうですね。

中学校

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/河南町立中学校

  • 太子町立中学校
  • 河南町立中学校
  • 千早赤阪村立中学校

小学校

  • 太子町立磯長小学校
  • 河南町立近つ飛鳥小学校
  • 千早赤阪村立赤阪小学校

太子町と河南町、千早赤坂村の3つより主な小学校をご紹介していますが、どの小学校も子どもを大切に考える方向性を感じます。

また、児童教育で大切な「置き去りにしない教育」も、南河内郡では可能になりそうですね。本当の意味で、先生と連携しながら子どもを育んでいけそうです。

幼稚園

  • 太子町立幼稚園
  • 河南町立かなん幼稚園
  • 河南町立河内幼稚園
  • 千早赤阪村立こごせ幼稚園

子育て環境

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/近つ飛鳥風土記の丘

南河内郡の想いが保育園の園名にも表れている気がします。「げんき」は、まさに澄んだ空気から始まりますからね。

保育園

  • げんき保育園
  • 河南町立中央保育園
  • 公私連携幼保連携型認定こども園(石川こども園)
  • 松の木保育園など

子どもを預かってくれる園も充実しているので、共働きの世帯にとっては、安心して近隣の地域へ働きに行くことも出来ます。

公共の施設

  • 中央公民館図書室  大宝地区公民館図書室

博物館や図書室、資料館に牧場と、子どもにとって「教科書には載っていない勉強」をさせてあげられる環境が整っているので親子で楽しんみると良いのではないかなって思います。

南河内郡で暮らしたことがある有名・著名人

  • 西川佳明さん(元プロ野球選手)
  • 水田章雄さん(元プロ野球選手)
  • 桂南光さん(上方噺家)

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

南河内郡(太子町、河南町、千早赤阪村)の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/太子町と万葉ホール

今日は、南河内郡にある3つの町村について見ていきました。また、3つの町村の花がそれぞれ選定されているのでご紹介しますね。

  • 太子町 ➡ さつき
  • 河南町 ➡ ゆり
  • 千早赤阪村 ➡ やまゆり

それぞれの美しさを活かしあいながら、自分の花を咲かせている町村の花のように、そこに暮らす人たちも自分たちの色を持ちながら仲良く生きている様子が伝わる風景が多かったようでしたね。

大阪府で唯一の村である千早赤坂村が人口がもっとも少ないとはいえ、3つの町村で構成される南河内郡の総人口は34,561人となっており、自然の豊かさなど暮らしやすい環境が求められる時代なので今後は増えていく可能性も大きいですね。

その理由は、南河内郡の土地の価格にもあります。

  • 太子町の土地公示価格 ➡ 16万円  -0.42%
  • 太子町の土地取引価格 ➡ 5万円  -64.76%

太子町の公示価格は、-0.42%と若干の下がり気味で、実際の土地取引でも大きく-64.76%と土地価格が下がっていることが分かりました。

  • 河南町の土地公示価格 ➡ 8万円  -17.24%
  • 河南町の土地取引価格 ➡ 4万円  -39.53%

続いて、河南町の公示価格が-17.24%となっており太子町よりも下がってしまい、実際に行われた土地取引では、大きく-39.53%も下がっていました。

また、太子町も、河南町も、4割~6割りも土地の価格が下がっていたのですが、これに対して千早赤坂村の土地価格では、実際の土地取引が全くなかったのです。

  • 土地公示価格 ➡ 9万円  -2.66%
  • 土地取引価格 ➡ なし

千早赤坂村では、公示価格が-2.66%となり、太子町や河南町ほどではないですが、やはり若干の下降を見せ始めています。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/楠公生誕の地

これらは、南河内郡が近い将来、たくさんの人に見直されることを意味していると捉えることが出来ますよね。

坪当たり4~5万円だった取引を考えると、子育てを終えた世代やクリエイティブなお仕事に従事している人など、通常の不動産として購入しやすく、安価な価格からもセカンドハウスとしての購入を考えられる数字です。

  • 仮に100坪を購入すると400万円となる場合も!

大阪市の中心部の土地価格を比較してみると、5~6坪しか購入できませんが、南河内郡の土地なら100坪も購入できる計算となります。消費者にとって、購入しやすいことは注目されやすいということです。

自然があり価格が都市部に比較すると驚くような数字であることなど、注目を集めるようになると、もちろん南河内郡の価値が高くなります。

すると、どうしても価値の高さと共に、南河内郡の不動産の価格が高まってくることが予想されるのですね。

つまり、南河内郡の土地の価値が上がるチャンスが到来する可能性が高くなっているという意味なんですね。

そのため、消費者にとっては、大きく雄大な土地を手に入れるチャンスが出来るため、今後の南河内郡の不動産に対する価値が上がっていくことが考えられます。

これを機会に自分の財産である不動産の管理をしっかりとしておくためにも、今のうちに査定をしてみてはいかがでしょうか。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!