横浜市旭区は面積 が32.73km2あり、総人口がおよそ245,765人(推計人口、2017年10月1日)といわれています。かつては横浜市や京浜工業地帯へお勤めをしていた人たちのベッドタウンとして宅地化が進んだ区として知られています。

今日は、そんな横浜市旭区の土地情報を生活や不動産売却法を併せてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

横浜市旭区の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/横浜市旭区役所

横浜市旭区は、市街化調整区域が設定されているので、生産緑地や公園、また山林などがあり、3つの風致地区があるので、横浜市としては緑の多い地域となっています。

そして、現在では、いろんなドラマや映画等でも撮影が行われており、駅やニュータウンといった場所がセットとして使われていたのですね。

そんな横浜市旭区の土地価格は下記の通りとなっています。

  • 土地公示価格 ➡ 65万円  -0.38%
  • 土地取引価格 ➡ 56万円  +6.63%

土地価格の隣にある数字は、前年度比の値となっています。これを見てみると、公示価格では若干の下降気味だったことが分かります。

しかし、実際の土地と引きにおいては、少し上昇気味で6.63%ほど高くなっていることが分かりますね。東京や横浜市内へも近い利便性をもち緑や自然の風を感じることが出来る地域でありながら、この価格は購入者にとっては嬉しい価格ですよね。

この横浜市旭区へ不動産を所有している人は、こちらの価値が高くなってきた今のうちにしっかりと準備をしておくと良いですね。

では、購入者から見た横浜市旭区のメリットを生活情報として、客観的に見ていきますね。

横浜市旭区の産業と企業

  • タカナシ乳業
  • ワットマン
  • 横浜農業協同組合
  • ツカサ

製造業が多いような横浜市旭区では、上記のような企業が存在しています。こうした企業へ勤務している人が、横浜市旭区の土地を購入したいと希望しているケースもあるでしょう。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

横浜市旭区の生活情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/帷子川

一般的には、誰もが観光ではなく、その土地に暮らすとなると、たくさんのことが気になってきますよね。

もちろん購入することを検討している人にとっては、通勤や通学、また子どもを預ける場所だったり、周辺環境や休日にはどんな時間を過ごせるのか…数えるとキリがないほど心配になる人もいるのではないでしょうか?

そこで今度は生活のいろんな場面を想定しながら、ご紹介をしていきますね。購入者に満足な土地購入をしてもらって初めて「不動産売却をした人」も安心できるし、よかったと思える瞬間ですよね。

観光スポットとイベント

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ズーラシア

  • よこはま動物園ズーラシア
  • こども自然公園
  • 万騎ヶ原ちびっこ動物園
  • 矢指谷遺跡 横浜市最古の旧石器時代の遺跡
  • 畠山重忠古戦場史跡
  • 白根公園・白根不動
  • 四季の森公園

箱根公園の白根府道は、空海(弘法大師)作と伝えられている本尊不動明王像が保存されています。また、境内にある白糸の滝の幅は、大きくて横浜の中でも最大と言われています。

また、ゴルフ場など、子どもから大人まで楽しめる観光スポットが存在しています。

自然公園や動物園などは、何歳になってもワクワクする場所でもあります。仕事で終われたりすると、たまには自然の植物や動物で和むのも大事ですよね。

子育て環境

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/青葉台団地

横浜市旭区は、コミュニティハウスや地域ケアプラザといった地域の子育てサポートも充実しているようです。

図書館をはじめ、スポーツ施設やプールも数多くあるようです。子育てがしやすい環境は整っているようですね。そのため集合住宅では、子育て世代の情報交換など、交流も盛んにおこなわれているようです。

公共の施設など

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/南万騎が原駅

  • 旭図書館
  • 神奈川県立公文書館
  • 横浜市旭スポーツセンター
  • 本村スポーツ会館
  • こども自然公園野球場
  • 今川公園運動広場
  • 屋外テニスコート旭公会堂
  • 旭区民文化センター「サンハート」
  • 旭区市民活動支援センター「みなくる」
  • おおいけらんど上白根大池公園など

子育てには、親だけでなく地域の協力が必要とする場面も多々あるものなので、こうした市民を対象とした施設や窓口が多いのは重要となります。

横浜市旭区の教育環境

引用:http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/makigahara/

東京に次ぐ都市となる横浜では、公私ともに多くの教育施設があるので、教育方針などをじっくりと検討することが出来ます。

では、子どもを預けることになると、横浜市旭区の教育環境はどうなっているのか気になる人も多いと思うので、学校などを簡単に見ていきましょう。

高等学校

  • 神奈川県立旭高等学校
  • 神奈川県立希望ヶ丘高等学校
  • 神奈川県立横浜旭陵高等学校など

中学校

  • 横浜市立旭中学校
  • 横浜市立旭北中学校
  • 横浜市立今宿中学校など

小学校

  • 横浜市立市沢小学校
  • 横浜市立今宿小学校
  • 横浜市立上川井小学校など

その他の教育機関

  • 神奈川県立産業技術短期大学校

教育もしっかりとしていて、進学するのも申し分ない環境であることが分かったと思います。義務教育を経てから近隣の学校へ進学する人も多いかもしれませんね。

横浜市旭区の交通事情

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/いずみ野線

横浜市旭区で中心となる駅は、二俣川駅と鶴ヶ峰駅、そして三ツ境駅となっています。しかし、地域によっては十日市場駅や町田市の南町田駅といったように、それぞれ自分たちの生活に合わせて利用しやすい駅を決めているようですね。

電車

  • 相鉄本線
  • 相鉄いずみ野線
  • 東海道新幹線

こうした交通網が発達している地域が横浜市旭区の大きなメリットですね。特に電車だと、線路に渋滞がないといったメリットもあります。

バス

  • 相鉄バス
  • 横浜市営バス
  • 神奈川中央交通など

隣接する道路など

  • 国道16号保土ヶ谷バイパス
  • 環状2号線
  • 神奈川県道40号など

電車やバスはもちろんですが、自動車の場合でも幹線道路へすぐに出られるので、いろんなシーンに合わせて交通手段を利用することが出来そうです。

横浜市旭区で暮らしたことがある有名・著名人たち

  • 阿波野秀幸さん(元プロ野球選手)
  • 内田洋貴さん(実業家)
  • 木田勇さん(元プロ野球選手)
  • 端戸仁さん(サッカー選手)
  • 小林賢太郎さん(コメディアン)
  • 須藤理彩さん(女優)
  • 米倉涼子さん(女優)

ステキな人たちがこの横浜市旭区で暮らしていたのですね。スポーツ界、芸術、文化や経済など、幅広い分野で活躍する人を輩出している旭区は、人気が高い理由が分かる気がします。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

横浜市旭区の口コミ情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鶴ヶ峰駅

いろんな形で横浜市旭区の基本情報を見ていきました。では、実際にここで暮らした人は、どんな風に思って生活をしているのでしょうか?

旭区の住民の声が気になる人も多いと思います。そこで、実際に「不動産を購入して横浜市旭区へ引っ越した人達」生活について生の声を集めてみましたので見ていきますね。

不動産屋さんの口コミ

質問:実際に、横浜市旭区の不動産屋さんを利用してみて対応はいかがでしたか?また、良かったことはありましたか?

女性女性

仕事が丁寧で安心感がありました。人柄も良いし、地域の人望も厚い人だったので幸運です。でも、積極的に営業を掛けられるのが苦手な人は辛いかもしれません。初めに物件だけでなく、スタッフに対する要望も問い合わせの段階で出してみて、相談しておくと良いかもしれませんね。


男性男性

購入した土地に家が建っているものを購入したのですが、壊れてるな~と思った所も気が付くと直してくれていたりと丁寧だったので、ちゃんと管理されていて感じが良かったですね。それに嬉しかったのは、家族構成や生活環境、希望内容にそった、物件を紹介してくれたことです。

積極的に仕事に取り組む姿勢は信頼できますね。しかし、中には「苦手だな」と感じる人もいることでしょう。

あらかじめ上記の声にもあるように、物件に対する条件と同じくらい「してほしいこと・してほしくないこと」を明確にして伝えておくと良いかもしれないですね。

土地の口コミ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ココロット鶴ヶ峰駅の商業施設

質問:実際に、横浜市旭区で生活をしてみた感想はいかがですか?横浜市旭区での暮らしは、どんなメリットがありますか?

女性女性

駅周辺に学習塾やそろばんなどの学習できるところがあるので、家で留守番をさせるより安心で一石二鳥なんです。子どもの医療は、簡単なケガや病気は駅周辺の医療施設で間に合いますが、大きな疾患などはやはり、横浜市内へ出た方が治療がしやすいのではないかと思います。


男性男性

横浜市の中でも静かな地域なので治安が良いのが安心です。子どもの事故もほとんどないので良かったと思いますが、危険な目に合わないように普段から交通ルールを子どもに教えています。助かることは、駅ビル内で仕事の帰りが遅くなった時にでも買い物が出来ることですね

それぞれの視点でメリットや気を付けた方が良いデメリットも話して頂きました。

交通網の発達は誰もが喜んでいることでしたね。深夜バスもあるので旅行など、必要に応じて利用できると楽しみの幅が増えそうです。

横浜市旭区の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

今日は、区の花が「あさがお」であるという横浜市旭区について見ていきました。

横浜市旭区の「旭」と「あさがお」が、スタートをイメージするようで、とても素敵な組み合わせですね。

市街化調整区域が設定されており、生産緑地や公園、または山林という3つの風致地区がある横浜市の土地の価格は、少しではありますが、6.63%とやや上昇気味となってきましたよね。

横浜市旭区の土地の公示価格では若干の下降気味だったのに、実際の土地と引きにおいては、少し高くなってきたということは、この地域の価値が高まってきた証拠ともいえます。

立地的には、東京や横浜市内へも近いため通勤やお仕事の事情で移動するなど、いろんな場面で利便性の高さが人気となっています。それから、横浜市旭区では、いろんなドラマや映画等でも撮影が行われており、ファンの人なら嬉しい気持ちもプラスしてくれそうですね。

 

また、子育て世代にとっては、緑や自然の風を感じることが出来る地域であることで環境の良い場所で、育児をすることが出来るといったメリットがあります。

この横浜市旭区の価値は、もしかしたら実際に住んでいる人の想像より上がっている可能性も考えられますね。購入を希望する人たちに近い将来には、もっと注目をされそうです。

不動産の売却を検討している人は、今のうちにしっかりと準備をしておくと良いですね。タイミングと思っても意外と慌ててしまうものですので、一度不動産の価値を調べてもらっておくのも良いのではないでしょうか。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!