横浜市泉区は、かつて戸塚区に属していたことから現在でも戸塚区との関りが深い地域となっています。今日は、そんな横浜市泉区の特徴や土地情報をいろんな角度から見ていきます。

また、横浜市泉区の土地に関わる生活情報や不動産売却情報も併せてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

横浜市泉区の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/横浜市泉区役所

1976年のいずみ野線が開通してからは、沿線を中心とした住宅開発が進んできました。そんな泉区では、持ち家と一戸建ての比率が横浜市内では第1位になっているそうです。

なかなか東京都内では一戸建てが厳しくても、横浜で夢を叶えるといった人は多いのかもしれませんね。そんな横浜市泉区の現在の土地の価格は次の通りとなっています。

  • 土地公示価格 ➡ 66万円  +1.75%
  • 土地取引価格 ➡ 48万円  -6.57%

土地価格の隣にある数字は、前年度と比較した値となっております。これを見てみると、66万円となっており、1.75%ほど上昇しているのが分かります。

また、実際の土地取引においては、48万円となっており-6.57%ほど下降していることが分かりますね。これまでの推移(過去30年間)を見てみると、昭和63年という昭和の最後の年に99万円という高値を記録していました。

そして実際の土地取引での推移(過去10年間)を調べてみると、2007年(平成19年)に65万円を超えるという形で最高価格で取引が行われていたのですね。

最近の土地取引きでは、ゆっくりと下降しており、50万円前後で推移しています。

横浜市泉区の特徴

横浜市泉区では集合団地での海外からの家族が多く住んでいたことから、多文化共生の試みを進めていたそうです。ちなみに、2014年には、ある小学校の在校生のうち約50%が外国籍だったらしく、これも異国の文化が漂う横浜市泉区の1つの特徴ですね。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

横浜市泉区の生活情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/泉中央駅

生活を営むためには、移動手段や仕事、暮らす環境までが自分の条件に合う必要が出てきます。ここでは、そんな生活に関わるいろんな情報を見ていきますね。

名所・観光スポットなど

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/深谷通信所跡地

自分の暮らす街を知るためには、観光客が訪れる場所を見てみるのも一つの方法ですね。客観的に見てみると。県外からの人が持つイメージだったり、改めて自分の暮らす街の良さに気付くこともあります。

  • 天王森泉公園・天王森泉館
  • 富士塚城址公園
  • 玄蕃新墾
  • 石巻康敬墓(市登録文化財)
  • 和泉中央公園
  • 和泉川畔(地蔵原の水辺、和泉川親水広場)
  • 四ッ谷湧水
  • 中田ふれあいの樹林
  • 泉の森ふれあい樹林
  • 酒湧池(和泉町の語源)
  • 和泉遊水池
  • 阿久和川まほろばの川
  • 横根稲荷神社付近

交通の便が良くて、物に溢れている横浜とは思えないような景色と施設ですよね。

横浜市泉区の交通情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/相模鉄道いずみ野線 

横浜市泉区で中心となる駅は、ゆめが丘駅と下飯田駅となっています。人によっては、仕事や生活に合わせて他の駅を使う人がいたりします。自分たちの生活リズムにあった利用をしていけると良いですね。

電車

  • 相模鉄道いずみ野線
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン

バス

  • 神奈川中央交通・横浜神奈交バス
  • 相鉄バス
  • 天台観光

隣接する道路など

  • 神奈川県道22号横浜伊勢原線
  • 神奈川県道401号瀬谷柏尾線
  • 横浜市道環状4号

どうしても駐車場などの関係で、都会へ行くほど公共の乗り物を使うシーンが増えてきますが、問題がないようでしたら、たまには自動車でドライブも楽しめると良いですね。

横浜市泉区の教育機関

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/フェリス女学院大学

子育て世代では、教育施設が気になるようですね。このあたりに不動産を所有している人は、特にいい条件で不動産売却が出来る可能性が出てきますのでチェックしてみてくださいね。

大学

  • フェリス女学院大学(緑園キャンパス)

高等学校

  • 神奈川県立横浜修悠館高等学校
  • 神奈川県立横浜緑園総合高等学校
  • 神奈川県立松陽高等学校など

中学校

  • 横浜市立岡津中学校
  • 横浜市立中和田中学校
  • 横浜市立泉が丘中学校など

小学校

  • 横浜市立いずみ野小学校
  • 横浜市立飯田北いちょう小学校
  • 横浜市立新橋小学校など

子育て環境&福祉情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/夢が丘の主要部

 まだ、入学をしていない幼い子どもを連れている世代には公共の施設が喜ばれたりします。出来るだけ費用をかけずに、文化や歴史に触れたり、楽しい思い出を作ったりと利用されることが多いですね。

公共の施設など

  • 相鉄文化会館・相鉄ギャラリー
  • 横浜市泉区民文化センター「テアトルフォンテ」
  • 羽太郷土資料館
  • 小島資料館
  • 横浜市立飯田北小学校郷土資料室など

また、安心して子どもを遊ばせられる土地が近いことも、不動産の価値が高く評価される理由となったりします。

横浜市泉区で暮らしたことがある有名・著名人

  • 板野成美さん(タレント)
  • 臼井幸平さん(サッカー選手)
  • 黒沢幸司さん(アナウンサー)
  • 高橋智さん(元プロ野球選手)
  • 矢口真里さん(元モーニング娘。)
  • 髙田延彦さん(元プロレスラー・格闘家)

有名であったり著名な人が近くに暮らしていたとか、ゆかりの場所があるなども、評価の対象となる場合があります。それだけ環境が優れていたり、人気が高いことで周囲に経済効果が生まれたりするなど、自分では分からないことも多いですね。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

横浜市泉区の口コミ情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/環状4号線

ここまで、横浜市泉区についての基本情報を見ていきました。では、実際にここで暮らしている人たちは、どう思っているのでしょうか?その人たちの声を集めてみたので、本音に迫っていきますね。

不動産屋さんの口コミ

実際に、横浜市泉区の不動産屋さんを利用してみて対応はいかがでしたか?また、良かったことや嫌なことはありましたか?

もし、嫌なことや困ったことが起こった場合には、どうしたら防げるかアドバイスがあればお願いします。

女性女性

地域に根付いた不動産屋さんだったせいもあり、物件の多さがすごくあり情報量の多さには納得です。自分たちの生活の拠点に対する選択肢の広さを感じました。全体的に親切にしてもらったと思います。

男性男性

こちらの予算に応じた物件を紹介してくれたのですが、予想以上のマイホームを手に入れることが出来たのは、信頼されている不動産屋さんだったことも幸運だったと思うよ。物件も大事だけど先に信頼ある不動産屋を探すための情報を収集した方が良いような気がするね

何度も簡単に売買できるほど、不動産は安くはないので、みなさん慎重になりつつも、たくさんの知恵を使って不動産を購入していたようです。

 

土地の口コミ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/相鉄バス

実際に 横浜市泉区で生活をしてみて、どんな感想を持ちましたか?横浜市泉区での暮らしはどんなメリットがありますか?

女性女性

戸塚駅が近いこともあり、東京へも横浜へも行きやすいことが嬉しいです。でも、地域によっては通勤時間を除いては電車が1時間に数本になるなど減ってくるので急ぎの用事があるときは気を付けた方が良いですね。それから、妊娠出産に対する受け入れ病院が少ないので陣痛がきたときには心細いかもしれません。早めのお里帰りが安心ではないでしょうか

男性男性

通勤の電車には大変満足です。でも子どもと図書館へ行くとなると少し遠いのと、本屋さんが少ないので書籍を楽しませる機会が少なくなってしまいますね。自然は多く思いっきり遊んだり、農業に親しませることが出来るので食に対する感謝は教えることが出来るのは嬉しいですね

それぞれ、いろんな立場で考えていることや経験したことを教えてくれましたね。価値観や生活リズムは変化しても、自分たちにとって「譲れない条件」「譲れる条件」を整理してみるのも土地の購入には必要です。

そうすると不動産を売却する側は、家族構成なども考慮して、出来るだけアピールできる付加価値を考えてみると良いかもしれませんね。

横浜市泉区の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/下飯田駅

今日は、区の花が「あやめ」であるという横浜市泉区について見ていきました。

持ち家と一戸建ての比率が、横浜市内では第1位になっている横浜市泉区の現在の土地の価格は次の通りとなっていました。

  • 土地公示価格 ➡ 66万円  +1.75%
  • 土地取引価格 ➡ 48万円  -6.57%

現在の土地は48万円となっており、6.57%ほど下がっていましたね。しかし、少しずつ横浜市泉区の良さが伝わってきていますので今後の価格に期待が持てそうです。

世の中では 社会的な事情もあり、一戸建てを購入することが出来ない人もいる中で、この地域での不動産売買が活発なのは、ある意味「横浜市泉区は不動産の夢を叶えることが出来る地域」との嬉しい表現にも似た印象がありますね。

もちろん現在の価格でも地方と比較してみると、横浜という付加価値がありながら似たような価格ですので、購入者にとっては嬉しいでしょう。

つまり、もっと希望者が増えていくことを考えると、将来の価格が楽しみになってきますね。今のうちに自分の財産の価値を調べておくことで準備をしてみてはいかがでしょうか。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!