川崎市多摩区は、細長い地形をした川崎市の最も北に位置する地域であり、東京都との交通が発達しているために、川崎市の中心部とは繋がりが薄い地域でもあります。

今日は、そんな川崎市多摩区の特徴や土地情報をいろんな角度から見ていきます。また、川崎市多摩区の土地に関わる生活情報や不動産売却情報も併せてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

川崎市多摩区の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/多摩区役所

川崎市多摩区は、工業地帯でありながら、農業も盛んにおこなわれており、多摩川梨などが有名となっています。北は東京都と接する近代的な地域が広がりますが、南の方では多摩丘陵が広がっており、市民の憩いの場となっている魅力的な土地となっています。

そんな川崎市多摩区の土地の価格は、下記の通りとなっています。

  • 土地公示価格 ➡ 83万円  +2.92%
  • 土地取引価格 ➡ 68万円  -9.67%

土地価格の隣にある数字は、前年度と比較した値となっております。これを見てみると、公示価格が83万円となっており少し上昇傾向にあることが分かります。

しかし、実際の土地取引では、-9.67%となっており少し下降気味となってきました。

1988年といえば、昭和の最後の年となりましたが、これまでの推移で公示価格を見てみると、その2008年には地価公示価格が最高の185万円を超えたこともありました。

しかし、その後は、ゆっくりと下がっていき、2008年のリーマンショックを境に戻り始めたようですね。

また、過去の地価推移(過去10年間)を、土地取引で調べてみると、2014年をピークに高くなり、その後は下降しています。

しかし、2009年頃からは落ち着いてきており、現在でも70万円前後と横ばいが続いているようです。

川崎市多摩区の産業と企業

  • スリオンテック(マクセルスリオンテック)
  • 日本エー・エム・ピー
  • 高和電気工業

こうして他の工業のように、他の工場や情報センターなどが多摩川沿いにあるのです。工業地帯の所以でもありますね。

川崎市多摩区の特産品

  • のらぼう菜(野良坊菜)

川崎市多摩区菅地区では、自家消費用として栽培されていた洋種ナタネに分類されるアブラナ科の一種である野菜として栽培をされるようになりました。

これが新聞やテレビといったメディアによって取り上げられたことにより、多摩区の新たな特産品となっていきそうな予感です。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

川崎市多摩区の生活情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/登戸駅

自分たちの住んでいる地域の価値って、存在が近すぎて逆に分かりづらいことも多いですよね。ふるさとでもそうですが、少し離れてみたりすることで客観的に見ることが出来たりします。

自分の土地について、売却を検討しているのだったら、もう少し自分の暮らしている土地の魅力を知って、付加価値を意識すると良さそうですね。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

名所・観光スポットなど

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/岡本太郎美術館

  • つつじ山
  • グリーンアドベンチャーコース
  • よみうりランド
  • 青少年科学館(プラネタリウム、天体観測室、展示室)
  • 川崎市岡本太郎美術館
  • 生田緑地
  • 多摩川へら鮒センター
  • 川崎国際生田緑地ゴルフ場
  • よみうりランドプールWAIなど

他には、2011年に開館した藤子・F・不二雄ミュージアムがあったり神社仏閣といった伝統や文化が残る地域でもあります。

この川崎市多摩区を舞台にした作品もたくさんありますが、その一部をご紹介しますね。

  • 巨人の星
  • ウルトラセブン
  • 飛び出せ青春
  • 仮面ライダー
  • 高校教師
  • 家なき子など

これらが川崎市多摩区を背景とした作品となって、今でも息づいているのですね。魅力的だと思いませんか?

川崎市多摩区の交通情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/向ヶ丘遊園モノレール

川崎市多摩区で中心となる駅は、宿河原駅や京王稲田堤駅となっています。

電車

  • 東日本旅客鉄道 南武線
  • 京王電鉄 相模原線
  • 小田急電鉄 小田原線など

バス

  • 小田急バス
  • 川崎バス
  • 神奈川中央交通など

隣接する道路など

  • 神奈川県道3号
  • 東京都道9号
  • 川崎市道など

交通手段の選択肢が多いってことは、自分たちの暮らしがより快適になるということなので良いことですね。

川崎市多摩区の教育機関

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/専修大学

不動産を購入したいと検討している人にとって、子どもの教育環境は重要な項目です。そうした不安を払しょくしてくれるように、多摩区にはしっかりした教育を受けることが出来る環境が整っています。

大学

  • 明治大学生田校舎
  • 専修大学生田校舎
  • 日本女子大学西生田キャンパスなど

高等学校

  • 日本女子大学附属中学校・高等学校
  • カリタス女子中学高等学校
  • 多摩高等学校
  • 向の岡工業高等学校
  • 生田高等学校など

中学校

  • 稲田中学校
  • 菅中学校
  • 生田中学校など

小学校

  • カリタス小学校
  • 下布田小学校
  • 菅小学校
  • 宿河原小学校など

この教育施設を見たら、不動産を検討している人も安心して、話を進めることが出来ますね。

子育て環境&福祉情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/向ヶ丘遊園

 子育てをしている人たちにとって、なによりも移動が大変なんですよね。多摩区なら、そんな煩わしいことがなく、いろんな発見を親子で楽しめそうです。

公共の施設など

  • 稲田公園(くじら公園)
  • ホタルの里
  • 菖蒲園

川崎市多摩区で暮らしたことがある有名・著名人

  • 織田裕二さん(俳優)
  • 西田ひかるさん(歌手)
  • 大平貴之さん(メガスター製作者)
  • 信平和也さん( 元プロバスケットボール選手)
  • 平野恵一さん(元プロ野球選手)
  • 杉野正さん(実業家)
  • 矢島悠子さん(テレビ朝日アナウンサー)
  • 榎本葵さん(プロ野球選手)
  • 鈴木伸之さん(劇団EXILE)など

多くの人がこの川崎市多摩区で暮らしていたことが分かりました。いろんな分野で活躍する人を輩出してきた多摩区のメリットを実際に暮らしている人にも聞いてみますね。

川崎市多摩区の口コミ情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/宿川原駅

ここまで、川崎市多摩区についての基本情報を見ていきました。では、実際にここで暮らしている人たちは、どう思っているのでしょうか?その人たちの声を集めてみたので、本音に迫っていきますね。

不動産屋さんの口コミ

実際に、川崎市多摩区の不動産屋さんを利用してみて対応はいかがでしたか?また、良かったことや嫌なことはありましたか?

もし、嫌なことや困ったことが起こった場合には、どうしたら防げるかアドバイスがあればお願いします。

女性女性

外観が古い建物だったのですがお店の中では優しい女性が案内をしてくれたので緊張がほぐれました。また、自分で調べてきた物以外の物件をたくさん持っていたので、やはり直接聞くのが一番良いんだなと分かりました。また、新居を購入するにあたって親切なサービスも気持ちが良かったです

 

男性男性

仕事の関係で横浜へ来ることになったのですが、全く土地勘がなく引っ越したとしても通勤時間の目安も分からずにいたのですが、そうした細かいことまで気遣ってくれたお店でした。ただ、物の明け渡しだけでなく、引っ越しはお祝いと同じなので、気持ちが伝わる案内が良いですよね。

不動産屋さんの対応に満足していた人が多かったようです。本当に良かったですね。

しかし、少数派の意見としては「耳の遠い高齢者の案内」がある不動産屋さんでは、急ぐ人にとって時間が気になるようです。あらかじめ予約の時に聞いておいたりすると安心ですね。

土地の口コミ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/日本民家園

実際に川崎市多摩区で生活をしてみて、どんな感想を持ちましたか?川崎市多摩区での暮らしはどんなメリットがありますか?

女性女性

子育てをする人にとっては暮らしやすい環境だと思います。東京に近いのに、緑も多く観光地と言っても貴重な自然を中心としたものなので癒されることが多いです。それに電車が遅い時間まであるので急に残業が入ってしまった時には助かります。

 

男性男性

医療機関は多いので安心ですが、将来のことを考えると少し不安も残ります。大きい疾患になったら東京や横浜市内へと行かなければならないのではと心配になりますが、今は自然の多さと飲食店の楽しさにはまっています。改まったものよりB級グルメとかの方が気が楽なので。

人によって、地域の楽しみ方や受け止め方に差があるようですね。不安はそのままにするとよくないので早期に解決できるように不動産屋さんやこの地域に住んだことがある人などを見つけてサポートしてもらうと初めは良いかもしれませんね。

川崎市多摩区の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/多摩丘陵

今日は、区の花が「スミレ」と「モモ」であるという川崎市多摩区について見ていきました。

実際の土地取引では、-9.67%と少し下降気味となっていた土地の価格も、購入者から見ると68万円台となっていて東京のそばにありながら、この価格は驚いてしまう人も多いのではないかと思います。

現在の価格

  • 土地公示価格 ➡ 83万円  +2.92%
  • 土地取引価格 ➡ 68万円  -9.67%

子育てをしている人はもちろんですが、親と同居になる人など不動産を購入することになるのは、機会があれば積極的に行いたい人生のイベントのようなものですね。

不動産の売却を検討している人は、思わぬ嬉しい事態となったときに、チャンスを逃さないように、今のうちから準備をしておくと良いですね。

これを機会に自分の不動産の価値を調べておくと良いのではないでしょうか。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!