川崎市宮前区は、東京のベッドタウンとしての機能が大きくなっており、生活で必要な事柄が都市部に近いほどの利便性を持っている街です。

今日は、そんな川崎市宮前区の土地情報を生活や不動産売却法を併せてご紹介して生きますので、ぜひ参考にしてくださいね。

川崎市宮前区の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/宮前区役所

宮前区には、キャッチフレーズとして「人が好き 緑が好き まちが好き」という言葉を使っています。遥か昔には、都心に近い立地を生かした農業が盛んでしたが、現在では都市化が進んでいます。

そんな進化を続ける宮前区の土地の現在の価格は次の通りとなっています。

  • 土地公示価格 ➡ 88万円  +2.32%
  • 土地取引価格 ➡ 94万円  +26.95%

土地の隣にある数字は、前年度比の値となっております。これを見てみると、公示価格が前年よりも、わずかですが上昇したことが分かります。

また、実際の土地取引においては、94万円となっており26.95%と大きく上昇しているのが分かりますね。

川崎市宮前区の土地推移を調べてみると、1988年(昭和63年)には土地の公示価格が最高値としては226万円を上回っていました。1988年ごろは、バブルがはじける直前でもあり、収入も高い人が多かったので、いろんなものが高くても売れていたといった感じですね。

しかし、バブルがはじけてしまってからは土地の価格も下降し続けていました。それが、ここ10年は80万円台が続いており、わずかずつ上昇を始めているといった状況です。

また、実際の土地取引では、この10年間で少しづつ取引価格が戻ってきた(高くなってきた)感じです。

川崎市宮前区の産業と企業

産業の中心は、東急田園都市線開通により大型商業施設となっている鷺沼駅となっているようです。乗り物と人を繋ぐだけでなく、人々の生活にまで大きな影響を与える鷺沼駅の存在は頼りになりますね。

川崎市宮前区の特徴

地理的には、平地がいくつかの川に沿った地域などであるため坂道が多いのが特徴となっています。坂道は、高齢者や体の不自由な人にとっては困難となってしまうので改善される方法が望まれます。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

川崎市宮前区の生活情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鷺沼駅

多摩丘陵のうえに位置している川崎市宮前区は、区の全域で起伏にとんだ地形をしています。そのために坂道が多かったのですね。

また、区役所が近いので、手続きなどが簡単に出来るのも助かる人が多いようです。特に年度替わりの時期は、早めに手続きを済ませるようにしましょう。

ここからは、観光や交通といった生活に欠かせない情報や子育て世代のために必要な教育機関などをご紹介いたしますね。

名所・観光スポットなど

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/等覚院(つつじ寺)

  • 神木山等覚院(とうがくいん)
  • 馬絹神社(馬絹古墳)
  • 東高根遺跡
  • 水沢の森
  • 東高根森林公園
  • 電車とバスの博物館
  • 生田緑地
  • 有馬療養温泉旅館など

以前は鷺沼プールが存在していましたが、現在は「かっぱーく鷺沼」として、小学校・保育園・公園・フットサル場が設置されており未来を担う子どもたちの成長の場となっているのですね。

川崎市宮前区の交通情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/田園都市線

川崎市宮前区で中心となる駅は、鷺沼駅となっています。鷺沼は「さぎぬま」と読みますが少し難しい漢字が使われていますね。

電車

  • 東京急行電鉄
  • 東日本旅客鉄道

バス

  • 川崎市交通局
  • 東急バス
  • 小田急バスなど

隣接する道路など

  • 東名高速道路
  • 国道246号
  • 神奈川県道13号横浜生田線など

都心へと車でも電車でも移動がしやすいこと、電車の本数が多いこと、これらのおかげで仕事で帰りが遅くなっても安心して帰途につくことが出来るのですね。

子育て環境と川崎市宮前区の福祉

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/電車とバスの博物館

子育てと福祉は密接な関係があります。現在は、障がいや何らかの病気を持って生まれる赤ちゃんも多くなっています。主に食生活の変化や子どもたちの睡眠時間の大きな変化などが影響して、今の赤ちゃんに表れているともいわれます。

また、一般的な赤ちゃんに優しい地域では、福祉が行き届いていると思われるし、福祉が行き届いているところは「あかちゃんや子どもを大切にする地域」であることが多いのですね。

川崎市宮前区の教育機関

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/聖マリアンナ医科大学

教育を受ける権利は、憲法でも保証されている権利ですよね。最近は学力低下が心配されていますが、のびのび育てる環境と、安心して受けることが出来る教育機関があれば、子どもは自ら育ってくれるものです。

大学

  • 聖マリアンナ医科大学

高等学校

  • 神奈川県立川崎北高等学校

川崎市宮前区は、東京のベッドタウンとしての要素が大きいこともあり、住民の多くは東京都内へ通勤・通学しているので、多くの人口がありながらも高等学校が1校しかないのですね。

中学校

  • 川崎市立有馬中学校
  • 川崎市立平中学校
  • 川崎市立犬蔵中学校など

小学校

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/川崎市立宮崎台小学校

  • 川崎市立野川小学校
  • 川崎市立南野川小学校
  • 川崎市立西野川小学校など

川崎市宮前区で暮らしたことがある有名・著名人

  • 塀内夏子さん(漫画家)
  • 高井雄平さん(東京ヤクルトスワローズ)
  • ベッキーさん(タレント)
  • 森本貴幸さん(サッカー選手)
  • HARCOさん(ミュージシャン)
  • 織田裕二さん(俳優)
  • 木口亜矢さん(タレント)

いろんな分野から、様々な顔が見えます。文化やスポーツ、芸術といった幅広いジャンルで活躍しているようですね。川崎市宮前区で暮らしたことがある人たちは、頭の回転が速い人が多い感じがして羨ましい気がします。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

川崎市宮前区の口コミ情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/生田緑地

ここまで、川崎市宮前区についての基本情報を見ていきました。では、実際に、川崎市宮前区で暮らしている人たちは、どう思っているのでしょうか?その人たちの声を集めてみたので、本音に迫っていきますね。

とっても気になるので生の声を集めてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

不動産屋さんの口コミ

実際に、川崎市宮前区の不動産屋さんを利用してみて対応はいかがでしたか?また、良かったことや嫌なことはありましたか?

もし、困ったことが起こる前に、どうしたら防げるかアドバイスがあればお願いします。

女性女性

こちらの条件をじっくりと聞いてくれたうえでの細やかなアドバイスをしぼって話してくれたり、知識を伝授してもらいました。綿密な連絡もしっかりとしてくれたお蔭で時間のやりくりした甲斐がありましたよ。店内では、キッズスペースを利用させてもらったので安心でした

 

男性男性

初めてお店へ行った時に明るいあいさつで迎えてくれたのが嬉しかったです。それで希望の物件を詳細に教えてもらったり、希望が折り合いつけられない時には、希望の条件に沿うような物件を提案してくれて良かったです。100%自分の希望通りなんてめったにないのですが、出来る限り希望へ近づけようとしてくれた気持ちが嬉しかったです

 

幼い子どもさんを連れている人は、不動産屋さんへ連れて行くより、出来れば家族や友人などに見てもらった方が良いですね。しかし、事情があってそうはいかない場合もあります。そんな時には、キッズスペースがある不動産屋さんを選択てみると良いでしょう。

川崎市宮前区の土地で暮らす人の口コミ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/小田急バス

実際に、川崎市宮前区で生活をしてみて、どんな感想を持ちましたか? 川崎市宮前区での暮らしに対するメリットやデメリットを教えてください。

女性女性

東名高速道路に近いので、休日は自動車に乗って家族で実家へも顔を出したりできます。また、教育のレベルが高いのが良いですね。先生方も地方より研究しているような気がします。東京の水準が川崎市宮前区にはあるのが実感できて良いですよね

 

男性男性

東京の渋谷までは電車で30分以内と近い距離にありながら駅周辺では、地方にいるような素朴さが気に入っています。公園もたくさんあるので子どもと散歩したり、自分でも体力づくりをしようかと思い始めました

 

女性女性

自然や環境に関しても暮らしやすいちいきではありますが、坂道が多いのでベビーカーを押したり大変です。高齢者は歩くのが大変な人もいるかもしれません。元気な人なら逆に足腰が丈夫になるかもしれませんね。

 

病院、学校、生活の買い物、区役所の用事など、すべてにおいて揃っている街が川崎市宮前区であることが分かりました。だけど、見えない問題も少しありそうです。解決策を市と相談したり、先輩住民に聞いたりと、クリアして行けると良いですね。

川崎市宮前区の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/有馬川

今日は、区の花が「コスモス」であるという川崎市宮前区について見ていきました。東京と横浜の中間で、注目を浴びている地域ですね。

「人が好き 緑が好き まちが好き」という言葉がキャッチフレーズとなっている宮前区の土地の現在の価格は次の通りでした。

  • 土地公示価格 ➡ 88万円  +2.32%
  • 土地取引価格 ➡ 94万円  +26.95%

昭和と平成の入れ替わりと共に、バブルがはじけてしまってからは土地の価格も下降し続けていました。ここ10年は公示価格が80万円台と続いており、実際の土地取引で、94万円となり大きく上昇しているのが読み取れましたね。

1980年後半からは、バブルがはじける直前でもあり、収入も高い人が多かった夢みたいな景気の時代だったのですね。すぐに戻るわけではないですが、川崎市宮前区の土地推移では、この10年間で少しづつ取引価格が高くなり始めており今後に期待が出来そうです。

都心に近い立地を生かして、便利ですが、自然を感じることも出来る宮前区では良い意味での都市化が進んでいます。これを機会に、自分の不動産の価値を調べておくのも良いのではないでしょうか。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!