相模原市緑区は、相模原市の東に位置しており広大な土地は大きな割合を占めています。歴史的にはまだ新しく平成22年に施行されたばかりの区なんですね。

今日は、そんな相模原市緑区の土地情報を生活や不動産売却法を併せてご紹介して生きますので、ぜひ参考にしてくださいね。

相模原市緑区の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/緑区合同庁舎

東側の3つの地区と、山間部の多い西側の3つの地区で構成されているのが相模原市緑区となっています。山間部が入っていることもあり、区名にもあるように「緑」が多い区となっています。

また、相模原市は3つの区から構成されていますが、そのうちの最北・最西・最南端の3方向は、いずれも相模原市緑区になっています。それだけ緑区は、相模原市の多くの土地を占めているのですね。

そんな相模原市緑区の土地の価格は次の通りとなっています。

  • 土地公示価格 ➡ 40万円  +7.55%
  • 土地取引価格 ➡ 37万円  +69.14%

土地の隣にある数字は、前年度比の値となっております。これを見てみると、公示価格が7.55%と高くなってきたのが分かります。では、実際の土地取引ではどうだったのかというと、37万円となっており大きく69%も上昇しているようですね。

土地公示価格の過去の推移を調べてみると、最近の10年ほどでは30万円台の前半が続いていたようです。また、土地取引の推移を調べてみると、過去10年ほどの間では2013年に51万円を超えるという高い数字となっていました。

しかし、土地取引で30万円を切っていた年が何度かあったことを考えると、それでも大きく上昇してきたのだなということが分かりますね。

相模原市緑区の産業と起業

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/森林

創業しようとする人への積極的な支援も行っており、相模原市では、「がんばる中小企業を応援する条例」を平成26年4月1日に施行しています。

その条例では「小規模企業者に対して経営の発達及び改善に努めるなど、必要な配慮を行うものとする」などと取り決めていることもあり、これからがんばってみたいと考えている人には一つのきっかけとなる可能性がありますね。

相模原市緑区の名前の由来

相模原市緑区は、公募から決定されています。北区、けやき区、緑区、みどり区、西区などが最終的な候補として挙がっていたようです。

その中で、よりイメージが近い緑区とみどり区の合計数が、第1位になった北区の票数を上回ったので緑区となったそうです。森林を大切に思う相模原市緑区の住民の気持ちが反映された結果となったようですね。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

相模原市緑区の生活情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/藤野駅

ここからは、観光や交通といった生活に欠かせない情報や子育て世代のために必要な教育機関などをご紹介いたしますね。

こうした自然が多いところでは、子どもが少なくなりやすいこともあり、相模原市緑区では、子育て支援として保育園や幼稚園なども充実させています。子どもは大切に育ててあげてほしいものです。

名所・観光スポットなど

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/相模川

  • 青根緑の休暇村
  • いやしの湯
  • 藤野やまなみ温泉
  • さがみ湖温泉うるり
  • 鮎釣り

緑の休暇村センターは、宿泊だけでなくスポーツを楽しめる複合宿泊施設となっており、食事や休憩などが出来るようになっているのですね。また、天然石の岩風呂が人気となっているそうです。

岩風呂に檜風呂なんて、森林という自然の美しさも堪能しながら過ごせるなんて、贅沢なくらいうれしい気持ちがするでしょうね。こうしたキャンプ場などは、ほとんどが相模原市緑区に集中しています。

相模原市緑区の交通情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/中央本線

相模原市緑区で中心となる駅は、橋本駅となっています。生活や仕事に合わせて別の駅を使う場合もあり、用途に合わせて使い分けをしているようです。

電車

  • 東日本旅客鉄道
  • 京王電鉄

バス

  • 神奈川中央交通
  • 相模原市コミュニティバス
  • 京王バス南
  • 富士急山梨バス

相模原市コミュニティバスが利用できるので、経済的な負担を軽減しながら相模原市内を移動できるのは、ありがたい存在となっています。

隣接する道路など

  • 中央自動車道
  • 首都圏中央連絡自動車道
  • 国道16号
  • 県道35号など

JR横浜線と京王相模原線を使うと、都心や横浜の中心部へと行くことが出来るので、不便だと思うことはなさそうです。

子育て環境と相模原市緑区の福祉

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/境川

相模原市緑区は、幼稚園のバスも走っており、保育園や認定保育室を含めると多くの子育て支援施設が存在していることになりますね。

保育園

  • 二本松保育園
  • 相原保育園
  • 星の子保育園など

幼稚園もありますが、共働きの人は保育園で預かってもらう必要があります。そんな時にも、市内に点在している施設が味方となってくれそうです。

公共の施設

引用:https://http://hall-net.or.jp/02hashimoto/info/equipment01/

  • シティ・プラザはしもと
  • 城山総合事務所
  • 大沢まちづくりセンター
  • 城山まちづくりセンター
  • 津久井まちづくりセンター
  • 橋本図書館
  • 北総合体育館
  • 杜のホールはしもと
  • 古民家園
  • 尾崎咢堂記念館
  • 相模湖記念館
  • 小原宿本陣

「杜のホールはしもと」では、コンサートをはじめ、各種の催し物や文化的な活動をする拠点として利用されています。また、市民の発表の場としても使われるため賑わうことも多いのですね。

相模原市緑区の教育機関

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/橋本高等学校

相模原市緑区の教育も、地域と一体となって子どもを育てようとしていることが分かります。区役所のHPでも、森林だけでなく、子どもも未来の宝として育み守るための支援がなされているようですね。

高等学校

  • 神奈川県立相原高等学校
  • 神奈川県立橋本高等学校
  • 神奈川県立相模原総合高等学校など

中学校

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/相模原市立大沢中学校

  • 相原中学校
  • 青根中学校
  • 青野原中学校など

小学校

  • 相原小学校
  • 青根小学校
  • 青野原小学校など

幼稚園

  • 城山幼稚園
  • 相模湖幼稚園
  • ふじの幼稚園など

確かに緑が多いのですが、それでも神奈川県ですので公立の場合には、東京都と水準が変わらないところは安心です。もちろん、高等学校からは横浜市内や東京都への進学を検討することも可能なんですね。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

相模原市緑区の口コミ情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/南橋本駅

ここまで、相模原市緑区についての基本情報を見ていきました。では、実際に、相模原市緑区で暮らしている人たちは、どう思っているのでしょうか?その人たちの声を集めてみたので、本音に迫っていきますね。

とっても気になるので生の声を集めてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

不動産屋さんの口コミ

実際に、相模原市緑区の不動産屋さんを利用してみて対応はいかがでしたか?また、良かったことや嫌なことはありましたか?

もし、困ったことが起こる前に、どうしたら防げるかアドバイスがあればお願いします。

女性女性

手続きが分かりやすく説明してもらえました。それに、自分の不動産を売却した場合と不動産を購入したり貸した場合の税金についても教えてくれて助かりました。税金まで教えて頂けるお店はなかったので勉強になりました。急かすわけでもなく、私たちにとって最適な方法のアドバイスをしてくれたので信頼できました

 

男性男性

初めて訪れたお店でしたが物件が豊富で、いろんな場所の土地を探すことが出来ました。しかし、担当してくれた人が早く契約を決めたそうで急かされたのが気になります。じっくりと吟味して決めたい人には不向きですが、早く決めてしまいたいと考える人にとっては良い不動産屋さんだと思いました

 

女性女性

生活スタイルやローン返済など、不動産の購入について話をしてもらったので分かりやすく親切な不動産屋さんでした。金額が大きいので、慎重になり長期的なお付き合いをしていきますが、金利など専門知識がない自分たちの疑問に1つひとつ丁寧に答えてくれたので安心して購入することが出来ました

 

今回の人たちは、不動産を売却しようとした人や不動産を購入した人など、いろんな立場の人の話を聞くことが出来ました。金額が多くなるので、ちょっとした支出も気になりますよね。しかし、こんなに親切にしてくれると、不動産を売却する側にとっても「安心して契約が出来る」状態を作ることが出来ますよね。

相模原市緑区の土地で暮らす人の口コミ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/橋本駅 (神奈川県)

実際に、相模原市緑区で生活をしてみて、どんな感想を持ちましたか? 相模原市緑区での暮らしに対するメリットやデメリットを教えてください。

女性女性

公共の交通は思ったよりも快適ですね。特に京王線は始発駅になるので、席に座ることが出来るので足のむくみが気になるので嬉しいです。あと、子どもを保育園に預けているのですが、保育園は認定保育室など併せるとたくさんあるので選択肢が増えますよ。それに子どもが熱を出しても駅の近くに小児科がある医療機関があるので安心です

男性男性

今回は両親と同居するために引っ越してきたのですが、通勤で電車を使っても都心や横浜市へのアクセスが良いのが助かっています。夜遅くまで営業しているお店もあるため、仕事で帰りが遅くなっても買い物が出来たりするので安心ですね

 

女性女性

駅前にある複合施設にお世話になることが多いです。スーパーでの食料品や雑貨、そして図書館や市民ホールなども入っていて何でも用事をすることが出来ます。休日には、そこへ家族で行ったりしてます。森林浴が毎日出来るのは、相模原市緑区の見えない財産だと思っています

男性男性

駅前の複合施設にはパスポートセンターもあるので出張など、海外へ行く時にも利用しやすいです。大きな映画館や衣料品売り場も、医療施設もだいたい何でもあるので困ったことは起こらないので、ここでは経済的な暮らしが出来ます

いろんな発見や工夫をしている人が多いですね。相模原市緑区では、バスや電車を利用して都心や横浜市内へと自由に出かけているようです。

でも生活は、相模原市内になるので無駄遣いをしなくてよくなったという声が多かったのも魅力的でした。このように相模原市緑区の快適な生活を喜んでいる人も多くいるのですね。

相模原市緑区の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/相模ダム

今日は、相模原市の3つの区の中では最も広い土地を持つ相模原市緑区について見ていきました。

相模原市緑区の土地には、山間部が多く入っていることもあり、区名が物語る「緑」が多い区となっています。それから、最南端の3方向が山に囲まれている相模原市緑区の土地の価格は次の通りとなっていましたね。

  • 土地公示価格 ➡ 40万円  +7.55%
  • 土地取引価格 ➡ 37万円  +69.14%

実際の土地取引では37万円となっており大きく69%も上昇しているのが前年度で見られた大きい変化でした。

最近の10年ほどでは公示価格が30万円台の前半が続いていたのですが、土地取引の推移では30万円を切っていた年が何度かあったとはいえ、かなり大きく上昇してきたことが分かりますね。

土地の価格が上がったということは、その分魅力や価値が上がってきた証でもあるのですね。相模原市緑区に不動産を持っている人は、自分が思っていたより魅力がある街だと気付いて頂けましたか?

これだけの魅力が「この地域の不動産を購入したい」と思われている理由なのですね。

これからも、こうした相模原市の魅力が伝わり、緑区の良さが伝わっていくと、もっと地域の整備が進んだりして、さらに環境が良くなっていくことが予想されますね。

また、不動産の売却を考えているのでしたら、さらに土地の価値が上がることも可能性としては予想されますよね。

今の相模原市緑区の土地の価格が高くなっていて大きなチャンスが来ているうちに、まずは準備として自分の財産である不動産の価値を調べておくと良いのではないでしょうか。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!