一戸建てを買うのがいいのか、それとも分譲マンションを買うのがお得なのかについてはいろいろなところで議論が交わされています。

ライフスタイルや家族構成によっても違ってくるのでしょうが実際のところは一長一短ですね。

こちらでは一戸建てからマンションへ、マンションから一戸建てへの住み替えについて見ていきたいと思います。

引用:https://pixabay.com/ja/editors_choice/?media_type=photo&pagi=141

住み替えの流れ

住み替えにはいくつかのパターンあります。

まずは住みたい家を探して購入してから、もとの家を売却する方法。

この方法は住みたい希望の家が見つかってから引っ越しとなるのでゆっくりと準備をすることができます。

ですがローンを利用している場合ではローン返済と買い替えの資金を作らなくてはいけませんので、住んでいる家の売却から取りかかることになります。

住み替えのほとんどは後者となるでしょう。

また最近では購入したい家の購入と住んでいる売却を同じ不動産会社でするケースが目立っています。

不動産会社も売却しなければ新しい家が売れないことになるので、あらゆるネットワークを駆使して家の売却に協力してくれるのです。

引用:https://pixabay.com/ja/editors_choice/?media_type=photo&pagi=140

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

住み替えの資金計画を作ろう

住み替えの資金計画が立てると新しい家の購入金額の目処がつきますから条件を絞って探し始めることができます。


今、住んでいる家の査定


まずは家の売却価格を知ることが先決です。

不動産会社に自宅の査定を依頼し売却の価格を見積もりましょう。

中古住宅の査定は会社によって開きがありますので、できれば複数の会社からの査定を受けることをおすすめします。


現在のローンの残債は


今住んでいる家のローンが残っているのならローン残高を調べます。

これで家の売却益でローンが完済できるか大体の見当がつきます。

もし家を売却した利益よりローン残債の方が大きいオーバーローンであれば、自己資金で補充して売却するのか、新しく購入する家の住宅ローンに組み入れるのかを決めます。


いくらのローンが組めるのか


収入から月々の支払い可能なローン返済額を決定します。

そこで金融機関に住宅ローンの試算を依頼します。

金融機関からローンの組める融資額の提示があり、これで次に購入する家の予算が立ちました。

引用:https://pixabay.com/ja/editors_choice/?media_type=photo&pagi=137

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

住み替えたい家

家というのは一生の買い物で長い住宅ローンを組んで、そこで子供を育て、そして老いていくものでした。

ところが最近では住み替えがとても多くなっています。

とくにシニアの住み替えが急増しているのです。

古い財産を売却することで快適で便利な暮らしを手に入れるのも老後の在り方ですね。

では、どんな家が住み替えに選ばれているのでしょうか。


利便性のある立地にある家・マンション


人生の第ステージを迎えるにあたっての住み替え、もっとも注目されるのが利便性です。

結婚したころは郊外の広い家が心地よかったのですが、年をとるにつれて日々の掃除や買い物といった家事が負担となってきます。

小さいマンションであっても駅やスーパーが近い物件が人気です。


ライフスタイルに合った間取り


若い時に購入した家ととくらべ、最近は新しいほどに現代風に使いやすく設計されています。

広くなくても、キッチンからリビングへの動線のいい間取りは生活しやすいです。

また応接間などの来客用スペースはほとんど使うことがなくなりましたね。


資産価値のある家


都心集中型の日本では郊外や山手の地価の下落傾向がとまりません。

それはどの地域でも同じような傾向となっています。

大きな家に住むステータスより日頃の便利さが重視されているからでしょう。

そのため大きな郊外の家を売却して街中の資産価値のあるマンションに住み替えるケースが増えているのです。


老後安心な家


自分たちに何かあった時にすぐに売却できるコンパクトなマンションが老後にも安心だと考える人が多いようです。

また階段のないマンションは足腰が弱ってきた時にも安心して暮らせます。

持ち家が売れるうちに売っておいて子供たちの近くに住むケースは後をたちません。

引用:https://pixabay.com/ja/editors_choice/?media_type=photo&pagi=137

住み替え先が一戸建ての場合

来客が多かったり、孫たちが訪ねてくることが多かったりと住み替えに一戸建てを選ぶ場合もあります。

とくに園芸の好きな夫婦であれば庭のある一戸建ては使い勝手の自由度が高いですね。

<一戸建てメリット>

◆マンションにくらべて広い

◆増改築が自由

◆管理費がいらない

◆上下左右の音が気にならない

◆子供に土地を残すことができる

<一戸建てデメリット>

◆段差が多く将来が不安

◆2階への上り下りに疲れる

◆メンテナンスが大変

◆防犯上の不安

◆そうじが大変

引用:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%83%99%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80&srt=dlrank

住み替え先がマンションの場合

シニアではマンションに住み替えする人が圧倒的に多いです。

中古マンションの価格の魅力もありますし、何と言っても維持がラクです。

<マンションメリット>

◆ほとんど段差がなく生活がラク

◆庭の掃除などが不要

◆気密性が高く冬あたたかく、夏涼しい。

◆子供に相続させた場合でも賃貸にするなど運用しやすい

◆オートロックなど防犯上の安心感

<マンションデメリット>

◆管理費、修繕積立費が高い

◆上下左右の音が気になる

◆子供たちや孫が泊れる部屋がない

住み替えのポイント


新しい街を楽しむ


住み替えるのはいつがいいのかというと、これもいろいろな意見があり「70~75才くらい」とのアドバイスがあがっています。

ですがわたしは思い立ったら早い方がいいのではないかと思います。

なぜなら年を取るほどに新しい環境に順応する力が弱まってきますし、どうせ引っ越すなら少しでも若いうちに新しい街を楽しんだ方がいいからです。

住み替え後のメンテナンス費用を心配していつまでも住み替えを先延ばしにするよりも、思い切って新しい生活を始めてほしいと思うのです。


子供たちに負担をかけない


子供たちに気を遣うあまり、距離を取ろうと考えてはいませんか。

自分たちのことを自分たちでできる間はいいのかも知れませんが、将来、病院に連れて行ってもらったり、買い物を頼むこともあるでしょう。

そんな時に距離のある所に住んでいれば、かえって迷惑をかけてしまします。

ふだんは密に付き合いをしないという前提でいいので、なるべく家族の近くに住んであげるのも子供たちに負担をかけない思いやりです。


コミュニティを見つける


夫婦で最後に引っ越してきた街です。

どうせなら何かのコミュニティを見つけておきませんか。

文化教室でもジムでもいいと思います。

いずれどちらかが先に亡くなった後でも楽しめるコミュニティに参加しましょう。


物件の売却を焦らない


売れない家はありません。

今まで住んでいた家の売却を焦って価格を下げるのは止めましょう。

売却しなくては新しい家が購入できないといった事情がないかぎりは、じっくりと買い主が出てくるのをまつのが賢明です。


断捨離をする


住み替えは大きなチャンスです。

第2の人生に向けてタンスなどの大きな家具はこの際、処分しましょう。

若いころから「いつか使うでしょ」と取ってあったものもです。

最小限の身の回り品で暮らすつもりで引っ越し道具を見直します。

それも子供たちへの負担を減らすことになるのです。

心配しなくても大丈夫です。

新しい家に慣れた頃には、何かと増えてしまいますから。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!