愛甲郡は、愛川町と清川村で構成されている地域です。この2つの地域では、色々な取り組みをしており、とても親しみのある温かい地域となっています。

今日は、そんな愛甲郡愛川町・清川村の魅力をご紹介していき、生活情報や不動産売却法などをお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

愛甲郡愛川町・清川村の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/愛川町役場

人口が減少しているという社会問題は、愛甲郡愛川町・清川村も例外ではないのですが、しっかりと工夫をしているところも土地情報と一緒にご紹介しますね。

愛川町

  • 土地公示価格 ➡ 17万円   -0.39%
  • 土地取引価格 ➡ 14万円   +2.99%

土地価格の隣にある数字は、前年度との比較した値となっています。これを見てみると、公示価格では17万円となっており、わずかにマイナスとなっていますが概ね大きな変化はないといった感じですね。

実際の土地取引では、14万円となっており、2.99%と少しだけ坪単価が上がってきたのが分かります。

また、最近の過去10年間でみる土地価格の推移では、公示価格が10年前には22万円だった坪単価が2011年からは継続して10万円台だったことが分かりました。

実際の土地取引での推移では、2011年に19万円だった坪単価が次第に下がっていき、2016年からは14万円となっているようです。

清川村

  • 土地公示価格 ➡ 13万円   +14.95%

土地価格の隣にある数字は、前年度との比較した値となっています。これを見てみると、公示価格が13万円となっているので、わりと大きく15%近い上昇を見せているようです。

また、最近の過去10年間でみる土地価格の推移では、公示価格の場合10年前の14万円より少しずつ下がってきたのが分かります。

実際の土地取引での推移では、2007年の15.72万円から下がっていき、2012年には再び14万円台へと上昇したようですね。

ただ、2014~2015年にかけてと、2017年からは土地の取引が全くなかったことが読み取れました。また、神奈川県内では第57位と最下位となっていますが、逆にそれがチャンスになることもあります。

愛甲郡愛川町・清川村の産業と地域経済

  •  牧野フライス製作所
  • ニチベイ
  • 三菱自動車工業
  • 旭硝子
  • 日本発条
  • 丸藤シートパイル
  • ヨシムラジャパン
  • メルク
  • 明光産業
  • 相愛信用組合(旧半原信用組合)

「清川村まち・ひと・しごと創生総合戦略」と名付けられたまちづくりの取り組みは、人口の変化を分析して清川村に与える影響などを研究して、村の目指すべき将来の道しるべとするものです。また、そのために特産品でも愛甲郡の特徴が表れているものが多くあります。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

愛甲郡愛川町・清川村の生活情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/宮ヶ瀬湖

自然に囲まれており、愛川町では無形民俗文化財なども多く存在しています。空気とお水が新鮮でおいしいこの環境には、地元の人でも気付きにくいほど魅力がたくさんあるのですね。

ここからは、観光や交通といった生活に欠かせない情報や子育て世代のために必要な教育機関などをご紹介いたしますね。

名所・観光スポットなど

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/塩水川

  • 郷土資料館
  • 古民家「山十邸」
  • 三増峠古戦場
  • 半原温泉
  • 神奈川県立あいかわ公園
  • 八菅山いこいの森唐沢キャンプ場
  • 国際一ノ瀬キャンプ場
  • 長者屋敷キャンプ場
  • リッチランド
  • 清川リバーランド
  • 清川自然の村
  • 別所別所森のコテージ 花の木
  • 宮ヶ瀬湖 水の郷交流館
  • 別所の湯(清川村ふれあいセンター)
  • 道の駅清川

自然が多いことで、キャンプ場が多いのも特徴ですね。都心では見えない星空も、ここでなら美しい輝きをみることが出来そうです。親子で自然や社会勉強をしてみるのも良いですよね。

街づくりやイベント

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/宮ヶ瀬湖クリスマスツリー

  • 愛ふれあいフェスタ(10月)
  • 愛川町ふるさとまつり(10月)
  • 三増合戦まつり(11月5日)
  • 農林まつり(5月)
  • あゆ釣り解禁(6月1日)
  • 愛川町一周駅伝(1月)
  • 八菅神社春大祭(3月28日)
  • 青龍祭(8月)
  • 清川やまびこマラソン大会(11月)
  • 宮ケ瀬クリスマスみんなのつどい
  • 宮ケ瀬バレンタインウィーク

清川村での「まちづくりのビジョン」では、目標をおよそ4つに分けて考えられており、特に清川村の土地の購入に関する目標としては、1~2の子育て世代の移住を促して地域を活性化することなどが挙げられます。

結婚や出産に関しても、村を挙げてしっかりと支援するといった方向を打ち出しているので、これからの愛甲郡への移住は土地の購入者にとってもメリットが大きくなるものと思います。

愛甲郡の交通情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/あいかわ自然ネットワーク

愛甲郡には、駅がなく電車に乗ることが出来ない不便さはあるものの、すぐ隣にある小田急線本厚木駅を利用することが出来ます。また、路線バスも本数が多いこともあり、やはり本厚木駅を利用することが多いようです。

バス

  • 神奈川中央交通本厚木駅
  • 町内循環バス(愛川町)

隣接している主要道路など

  • 神奈川県道60号厚木津久井線
  • 神奈川県道64号伊勢原津久井線
  • 神奈川県道70号秦野清川線など

自動車の運転をすることが出来る人は、自動車があると便利になりそうですね。

愛甲郡の教育環境

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/神奈川県立愛川高等学校

 愛甲郡には大学がないのですが、小田急線本厚木駅を利用したり、路線バスを利用することで、近隣の大学へ通学することも出来ます。

高等学校

  • 神奈川県立愛川高等学校

中学校

  • 清川村立緑中学校
  • 清川村立宮ヶ瀬中学校
  • 愛川町立愛川中学校
  • 愛川町立愛川中原中学校

小学校

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/相模川

  • 清川村立緑小学校
  • 清川村立宮ヶ瀬小学校
  • 愛川町立半原小学校
  • 愛川町立田代小学校

幼稚園

  • 清川村立清川幼稚園

愛甲郡の子育て環境&福祉情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/清川村役場(神奈川県)

愛甲郡には、子どもを持つ世帯に対しての優遇や支援などが行き届いているために子育てをするには、恵まれた環境が整っているといえますね。

町や村をあげて子どもたちを見守ってくれる形は、子どもの将来にとっても社会性を養えたり生活の知恵を学べるので素晴らしい時間となりそうです。

保育園

  • あおぞら保育園

図書館

  • 清川村図書館

公共の施設

  • 生涯学習センター せせらぎ館
  • 第1号公園体育館
  • 中津工業団地第1号公園
  • 田代運動公園(愛川町田代球場)
  • 三増公園など

小さな頃からの教育はもちろん大切ですが、体を壊したり、メンタルが弱くなってしまうと子ども達が本当に可哀そうです。ですが、愛甲郡では社会性と共に、おそらくメンタルも身体も鍛えられるので、生きていく基本が培われる良い機会となりますね。

医療機関

  • 湘南厚木病院
  • 厚木市立病院
  • 東名厚木病院
  • 愛川北部病院
  • 森の里病院など

近隣まで出かける必要がありますが、このように総合病院が万が一の時には対応してもらえるような体制が整っているので、大きな心配なく過ごせますね。

愛甲郡で暮らしたことがある有名・著名人

  • 大野幸人さん(俳優、ダンサー)
  • 岡本祥子さん(キャスター)
  • 茅誠司さん(東大総長)
  • HIROYAさん(格闘家)
  • 多村仁志さん(プロ野球選手)
  • 大久保秀昭さん(プロ野球選手)
  • 沼田頼輔さん(紋章学者、歴史学者)

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

愛甲郡のまちづくりと特産品

引用:http://www.town.kiyokawa.kanagawa.jp/Sightseeing/kankojouho/tokusanhin/724.html

「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を掲げて取り組んでいるのは、将来への不安をなくすべく、魅力や活力を実現するために策定した活動ですね。

それでは、愛甲郡の特産品をご紹介していきますね。

①丹澤みそ

合成保存料無添加の自然食品となっており、大手のメーカーとは異なる味わいのある「味噌本来の味」を大切にしているのですね。自然無添加となると子育て世代にとっても、気になる一品となるでしょう。

②美津峯焼

江戸時代より薪業が盛んであったため、現在でも薪炭の生産が行われています。今でも炭焼き窯があるんですね。この炭灰を利用して灰釉を作ったのちに、制作されたものだそうです。自然でしか出せない奥深い味わいを一度試してみたいものです。

③清川恵水ポーク

このポークは、清川村の豊かな自然の中でじっくりと育て上げたもので、環境の良さからもストレスなく作り上げることが出来たわけですね。柔らかい肉質とさらっとした甘みがある脂がお料理を引き立たせてくれそうです。

④大納言茶ブレッド

村で収穫された新茶を生地に練りこんで、北海道の大納言をたっぷりと入れたバター風味のパンですね。手作りの薪式の石窯や、薪などすべてを清川村のものを使用してあるので安心して食べることが出来そうです。

⑤きよかわ自然薯

きよかわ自然薯は、長芋などの「山芋の一種」となっています。栄養価も高くて江戸時代から「健康食」として大切に扱われてきました。酵素のアミラーゼは消化酵素であり、その効果は高い評価を得ています。

神奈川県では、ただ一つの村としても地域活性化を真剣に取り組んでいる姿も魅力として映りますね。思ったよりも、愛甲郡には目に見えない財産と魅力がたくさん散りばめられているようです。

愛甲郡愛川町・清川村の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/つつじ

今日は、愛甲郡愛川町の花を「つつじ」、清川村の花を「みつばつつじ」として制定している愛甲郡愛川町・清川村について、色々な角度から見ていきました。

  • 愛川町の土地取引価格 ➡ 14万円
  • 清川村の土地取引価格 ➡ 13万円

清川村は、少し前に合併の話もあったのですが、やはり合併はしたくないとの意思も強いだけあって、自分たちで村を良くしていこうといった気持ちが伝わってきます。

土地の取引価格では、愛甲郡全体でもだいたい13~14万円と都心から見ると破格の値段となっています。目に見えないメリットがたくさんあり、特に子育てをしている世帯にとっては地域全体で大切にしてもらえるチャンスも大きいですね。

もし100坪を購入するとしたら、1400万円となりますが、地方によってはこれより高い場合もあります。

こうした購入者にとってメリットが多いということは、その地域の土地の価値が大きく変化する機会となる可能性も高くなっていきます。

愛甲郡の価値が知れ渡るようになり人気が高まると色々な整備が整っていくため、土地の価値が高くなっていくのですよね。近い将来のためにも愛甲郡の土地を所有している人は、一度ご自分の土地の価格を調べてみるのも良いかもしれませんね。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!