神戸市の不動産売却をお考えでしたら、地域によっては早くに売りぬいた方が良さそうな気配があります。商業地、住宅地ともに人気エリアでは地価は上昇傾向にあるものの、そろそろ歯止めがかかり、北部では下落が始まる傾向にあります。

引用:https://www.feel-kobe.jp/access/

神戸市に住みたい、でも価格が高い

六甲山と瀬戸内海に挟まれるようにして分布する神戸市は南北にせまく、東西に細長い特徴があります。

そのため東日本と西日本をつなぐ鉄道や国道、高速道路が神戸市内を横断し、自然豊かというよりは工業的、商業的なイメージの地域が多く存在しており、おしゃれな街である反面、子育てをするファミリーなどにとっては近隣の芦屋市や西宮市の方が人気が高いです。

そのためマンション開発、一戸建て分譲ともに動きが鈍っているといっていいでしょう。

長い間、不動産は売りに出せばすぐに買い手がつくといった状況が続いてきたものの、価格の上昇に伴い売れ行きは下降しています。

ただし、商業地帯においては観光地としての期待感が強く、投資法人などによる高額の不動産売買が目立つようになってきておりJR三ノ宮駅周辺では今後も地価の上昇が見込まれます。

引用:https://www.feel-kobe.jp/access/

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

神戸市は商業用の不動産が求められている

神戸市中央区の特徴としては住宅としての発展は転入数も含めて、ほぼ横ばいといった状態です。

目立つのは観光地としての需要の高まりから、ホテルや民泊用の不動産がどんどんと買い取られて行っているため、個人への仲介より、不動産投資会社による買取の方が売却が早くできるといった状況です。

そのため中央区にある不動産の売却の場合は買取専門の不動産会社に依頼するのがいいでしょう。

一方、大阪のベッドタウン化の傾向もみられる神戸市東灘区においては住宅としての転入もまだまだ期待できるため、状態のいい戸建てであれば、仲介での買い手がつく可能性は大きいといえます。

神戸市北区、西区では地価の下降が認められていますが、飲食店などの物件が求められる可能性を残しているため、一旦売りに出して観察期間をおくのもひとつの方法です。

引用:http://www.kobe-sips-119.com/page/syasin/kobe/kobe-top/top.html

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

神戸市の地価ランキング2017

1位:神戸市中央区:74万6901円/㎡、246万9096円/坪、前年比+11.21%

2位:神戸市東灘区:29万3347円/㎡、96万9742円/坪、前年比+1.40%

3位:神戸市灘区:27万4731円/㎡、90万8203円/坪、前年比+3.39%


4位:神戸市兵庫区:19万7794円/㎡、65万3864円/坪、前年比+0.45%

5位:神戸市須磨区:15万8694円/㎡、52万4608円/坪、前年比-0.73%

6位:神戸市長田区:14万9375円/㎡、49万3801円/坪、前年比+0.61%


7位:神戸市垂水区:6万9916円/㎡、40万2028円/坪、前年比+1.51%

8位:神戸市西区:12万1613円/㎡、23万1129円/坪、前年比-6.76%

9位:神戸市北区:5万8864円/㎡、19万4594円/坪、前年比-0.52%

同じ市内でこれほどの格差がある市町村はめずらしいですので、不動産物件の所在地によって売却額が大きく変わってくるでしょう。

また最も地価の安い神戸市北区ですが、年間2000万人が訪れる有馬温泉が所在しますので、その周辺の地価はランキングでの価格より高く、それ以外の北区についてはかなり低くなると考えられます。

<神戸市北区淡河町>

引用:https://www.youtube.com/watch?v=jeGmcaKonXw

<神戸市北区有馬温泉>

引用:http://merveille-arima.com/

神戸市の不動産物件の注意点


土砂災害警戒区域の告知


神戸市は六甲山から瀬戸内海にまで駆け下りるような地形となっています。

海側から山を見上げるとその近さを感じるでしょう。

そのため京阪神を代表する海水浴場である須磨海浜公園も遠浅の反対であっという間に深くなっています。

当然、丘陵地にも多くの住宅が立ち並び、坂道も多く存在します。

神戸市では平成27年に土砂災害警戒区域や緊急避難場所などを分かりやすく記載した「土砂災害 わが家の避難マップ」を作成しています。

まだ2年前のことなので、ご存じない不動産オーナーもおられるのではないでしょうか。

こちらの情報は買主に伝えるべき告知事項となりますので、神戸市のホームページなどでご確認ください。

引用:http://blog.livedoor.jp/ohta_geo/archives/cat_50041110.html

神戸市の不動産一括査定のメリットデメリット

神戸市の不動産物件では、住宅用途、民泊施設用途、飲食店用途、更地としての用途と売る側が想定しない利用での目的で買取りがあることがお分かりいただけたかと思います。

そのため、それぞれ得意なジャンルをもつ不動産会社の方からアプローチしてもらうために不動産一括査定を利用することが多いようです。

不動産一括査定にもメリットデメリットがあるので整理しておきます。


一括査定のメリット


  • 多くの不動産会社の査定がインターネットで集められる
  • 査定をくれた不動産会社によって物件についての情報が集まる
  • その不動産の売却に自信のある業者が見つかる
  • 不動産会社を比較しながらどこがいいのか検討できる

一括査定のデメリット


  • 複数の電話やメールに対応しなくてはならない場合がある
  • 中には高めに見積もった査定がある
  • 物件が売れないと判断されればアプローチがない
  • 複数の不動産会社の訪問査定を受けなくてはならない場合がある

これらのメリットデメリットを踏まえたうえで、最も信用できる、そして査定額のいい不動産会社が見つけられたら、不動産売却はなかば成功したも同然です。

信用できる不動産会社は査定額や売り出し価格について、具体的な根拠と自社の経験をもっていますので数社から売却のスケジュールや調整方法などの説明を聞けば売却依頼をしたい不動産会社はおのずときまってくるでしょう。


引用:https://blogs.yahoo.co.jp/goodlife5859/15756662.html

神戸市で売り出し中の不動産

【会下山町1(湊川公園駅)】

880万円

兵庫県神戸市兵庫区会下山町1

地下鉄西神・山手線「湊川公園」歩8分

神戸高速鉄道南北線「湊川」歩8分

地下鉄西神・山手線「上沢」歩13分

間取り:3DK

土地面積:41.92m2(12.68坪)(登記)

建物面積:55.12m2(16.67坪)(登記)

完成時期(築年月):1978年3月

引用:https://suumo.jp/chukoikkodate/hyogo/sc_kobeshihyogo/nc_89060030/

【甲南町1(摂津本山駅)】

1430万円

兵庫県神戸市東灘区甲南町1

JR東海道本線「摂津本山」歩5分

阪急神戸線「岡本」歩13分

阪神本線「青木」歩14分

間取り:4DK

土地面積:33.81m2

建物面積:54.31m2(実測)

完成時期(築年月):1985年9月

引用:https://suumo.jp/chukoikkodate/hyogo/sc_kobeshihigashinada/nc_85589706/

【神戸市東灘区御影山手6丁目】

4080万円

阪急神戸線「御影」バス7分鴨子ケ原3丁目歩6分

阪急神戸線「御影」歩19分

間取り:3LDK+S(納戸)

土地面積:132.18m2(39.98坪)(登記)

建物面積:108.47m2(32.81坪)(登記)

完成時期(築年月):2011年2月

【三宮シティタワー】

2450万円

兵庫県神戸市中央区小野柄通3-1-2

JR東海道本線「三ノ宮」徒歩8分

専有面積:56.37m2(壁芯)

間取り:1LDK

築年月:1998年9月

東南角部屋

引用:https://suumo.jp/ms/chuko/hyogo/sc_kobeshichuo/nc_88939737/

【神戸ハーバータワー】

4680万円

兵庫県神戸市中央区海岸通6

JR東海道本線「神戸」歩10分

地下鉄海岸線「みなと元町」歩5分

神戸高速鉄道東西線「西元町」歩6分

専有面積:69.45m2(壁芯)

間取り:3LDK

築年月:2013年1月

オーシャンビュー

引用:https://suumo.jp/ms/chuko/hyogo/sc_kobeshichuo/nc_88868280/

他にも神戸市内では多くの物件が販売されています。

売り出し価格の参考になると思いますので是非ご覧になってください。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!