大牟田市は、福岡県の中で最も南にある市となります。また、立地のうえからも大牟田市は、熊本県の荒尾市と深いつながりを持ちながら、新しい挑戦に取り組んでいます。

今日は、そんな大牟田市の特徴や土地情報をいろんな角度から見ていきます。また、大牟田市の土地に関わる生活情報や不動産売却情報も併せてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

大牟田市の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大牟田市役所

大牟田市は、福岡県の最南端にある街であり有明海にも面している自然を感じられる地域です。また、小高い山が連なっているので、丘陵地が点在しています。山や川、そして有明海に囲まれている穏やかな土地なのですね。

そんな大牟田市の現在の土地価格は、下記の通りとなっています。

  • 土地公示価格 ➡ 8万円  -5.00%
  • 土地取引価格 ➡ 6万円  -9.85%

土地価格の隣にある数字は、前年度と比較した値となっています。これを見てみると、公示価格がわずかに下がっていることが分かります。

また、実際の土地取引では、-9.85%となっており土地取引価格が6万円では、わずかなマイナスでも痛い結果となっているようです。

大牟田市の相場は、2018年の3月時点での平均が坪単価8万円となっていますが、記録がある数での坪単価平均としては、6万円となっているので妥当な数字ではあるのですね。

最近での過去10年にわたる推移を見てみると、公示価格は2008年には11万円だった土地公示価格が次第に下がっていき、2018年には初めて8万円台に突入してしまいました。

実際の土地取引における過去約10年の推移では、2008年の9.4万円を最後に少しずつ下がりはじめ、2017年には6万円にまで下落した様子が伺えます。

大牟田市の産業と地域経済

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/道の駅大牟田

  • 有明新報
  • いなだ豆
  • 大牟田電子工業
  • 大牟田柳川信用金庫
  • 昭和アルミニウム缶(大牟田工場)
  • オーム乳業
  • 尾長屋
  • KMアルミニウム
  • 信号電材
  • 西鉄バス大牟田
  • ヤマサキなど

特徴としては製造業が多いことです。製菓や工業など多岐にわたっているようです。特に食べ物がおいしい福岡ですので、経済の方でも地域へ大きな影響を与えていることは納得ですね。

特産品など

  • みかん(上内みかん・芝尾みかん)
  • 海苔(福岡のり)
  • 高菜(三池高菜)
  • 草木饅頭(江口栄商店・黒田家)
  • かすてら饅頭
  • 四ッ山漬
  • ダゴ・お好み焼き(高専ダゴ・みゆきなど)
  • いきなり饅頭

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

大牟田市の生活情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/三池港スルースゲート

炭鉱と歴史の街として、その面影が残っている大牟田市の生活は、経済の街としても知られています。また、「世界の最もきれいな都市トップ25位」として選定されたこともあるのですね。

ここからは、そんな恵まれた都市として大牟田市の観光や交通などの生活に欠かせない情報や子育て世代のために必要な子育て環境などをご紹介いたします。

街づくりやイベントなど

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/おおむた『大蛇山』まつり

  • 臼かぶり(水かぶり・1月)
  • 普光寺梅まつり(2月・3月)
  • 三池初市(3月1日・2日)
  • 大牟田二十日えびす(3月20日ごろ)
  • 大牟田夏まつり「大蛇山」(7月下旬)
  • 銭太鼓踊りと瓢箪(ひゅうたん)廻し(9月25日)
  • 近代化遺産一斉公開(11月3日)

大牟田夏祭りは「大蛇山」と呼ばれており、毎年40万人が訪れるというイベントとして有名です。

名所・観光スポットなど

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大牟田市石炭産業科学館

  • 延命公園(福祉の森)
  • 大牟田市動物園
  • カルタックスおおむた
  • 記念グラウンド(陸上競技場)
  • 大牟田延命球場
  • フレンズピアおおむた
  • 宮浦石炭記念公園
  • 諏訪公園
  • 大牟田市石炭産業科学館
  • 旧三井港倶楽部

大牟田市は、2015年に三池炭鉱や三池港などが明治日本の産業革命遺産として世界遺産に登録されたこともあり、観光客が増えているようです。当時の生活を垣間見れる歴史的な建造物は、とても貴重な存在ですね。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/旧三井港倶楽部

  • エコサンクセンター
  • 早鐘眼鏡橋(国の重要文化財)
  • 三池炭鉱宮原坑跡(国の史跡及び重要文化財・明治日本の産業革命遺産)
  • 三池炭鉱万田坑跡(国の史跡及び重要文化財・明治日本の産業革命遺産)
  • 三池港(明治日本の産業革命遺産)
  • 萩ノ尾古墳(国の史跡)
  • 焼石山公園に見られる地層『米ノ山層』『銀水層』(県指定天然記念物)

大牟田市の交通情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/新大牟田駅

色々な移動の選択肢がありますが、飛行機を利用する場合には、大牟田市内の各地と福岡空港を結ぶ高速バス路線があります。また、大牟田市では行政の支援を受けたリムジンタクシーが大牟田市内と佐賀空港とを結んでいるので利用しやすいですね。

目安としては、片道1,200円(所要時間約50分)程度で利用できるようですが、事前に予約や確認をしておくと安心です。

空港

  • 福岡空港

距離的には、佐賀空港や熊本空港の方が近いのですが、航空機の発着便数、また空港への交通アクセスなどを考えた利便性から福岡空港を選択して利用する人が多いようです。

出張や旅行など、大牟田市民の大切な交通手段として空港は必要な存在として親しまれています。

ヘリポート

  • イオンモール大牟田敷地内
  • 記念グラウンド

電車

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大牟田駅東口

大牟田市で中心となる駅は、大牟田駅となっています。

  • 九州旅客鉄道九州新幹線
  • 九州旅客鉄道鹿児島本線
  • 西日本鉄道天神大牟田線など

バス・高速バス

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/西日本鉄道玄海号 (高速バス)

  • 西鉄バス大牟田

コミュニティバス

  • 三池サンキューバス
  • 倉永生活循環バス

地域に密着した交通網があると、高齢者や幼い子どもを持つ人たちの移動が楽になり、病院などの必要な施設にも通いやすくなりますね。

隣接している主要道路など

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大牟田北インターチェンジ

  • 有明海沿岸道路三池港IC
  • 国道208号
  • 福岡県道・熊本県道3号大牟田植木線など

九州自動車道が近いので、どちらへ出かけるにも自動車がある人にとっては楽であり、他の交通手段を取るにしても交通網に対する選択肢が多いので、その時の自分たちの状況に合わせて選ぶことが出来る地域が大牟田市です。

大牟田市の教育機関

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/帝京大学板橋キャンパス_大学本部

大牟田市に移住したい、土地を購入したいと考えている人の多くは子育て世代代だと言われています。また、こうした教育機関に勤務している人たちも、もしかしたら大牟田市の土地購入を計画しているのかもしれませんね。

大学

  • 帝京大学福岡キャンパス

高等学校

  • 国立有明工業高等専門学校
  • 福岡県立三池工業高等学校
  • 福岡県立大牟田北高等学校など

中学校

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/明光学園中学校・高等学校

  • 大牟田市立宅峰中学校
  • 大牟田市立宮原中学校
  • 大牟田市立松原中学校

大牟田市立の全ての中学校が「ユネスコ・スクールとして持続可能な開発のための教育(ESD)」に取り組んでいるので教育の質も高いようです。

小学校

  • 大牟田市立みなと小学校
  • 大牟田市立天領小学校
  • 大牟田市立駛馬南小学校など

大牟田市立の全ての小学校が中学校と同じく「ユネスコ・スクールとして持続可能な開発のための教育(ESD)」に取り組んでいるため、単なる知識だけでなく、幼いころからの人間としての質も高められそうです。

幼稚園・認定こども園

  • 銀水幼稚園
  • 平原幼稚園
  • 明治幼稚園
  • 若草幼稚園
  • 大牟田たちばな幼稚園
  • しらかわ幼稚園など

その他の教育施設

  • 大牟田医師会看護専門学校
  • 大牟田中央自動車学校
  • 福岡県立大牟田高等技術専門校

幼児教育が活発に行われており、看護の専門学校もあることから、福祉に力を入れている大牟田市の取り組みが伝わってくるようです。広い視野で考えている行政だと住民も過ごしやすいのでしょう。

大牟田市の子育て環境&福祉情報

大牟田市では、両親が休日に仕事でどうしても面倒を見れない場合の一時保育として「休日保育事業」を実施しています。家族がいないと頼めない人も多いでしょうから、市役所にある支援を上手に利用することも良いですね。

保育園

  • 歴木保育所
  • 天領保育所
  • 白鷺保育所など

公共の施設

  • 大牟田市民体育館
  • 大牟田市文化会館(大ホールやプラネタリウム等も併設)
  • おおむた(花ぷらす館)
  • 黒崎公園
  • 三池公園
  • リフレスおおむた(大牟田市立多目的活動施設)

遊んだり、学んだりと、小さな子どもから大人までが利用できる施設も充実しているようです。土地を探す条件では、「子育てがしやすい」「高齢になった時に過ごしやすい」ことを挙げている人が多いことはわかる気がしますね。

医療機関

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大牟田市立病院

  • 国立病院機構大牟田病院
  • 大牟田市立病院
  • 福岡県済生会大牟田病院

誰でも引っ越しして最も困るのは、いざ病気になった時にどの病院へ行けばいいのか分からないことだったりします。大牟田市で土地を探している人にとっても、それは同じですね。

そういう意味では大牟田市に大きな医療機関があるため、市役所でも問い合わせがしやすいことが安心です。

大牟田市で暮らしたことがある有名・著名人

  • 桜井龍子さん(元最高裁判所判事)
  • 黒田東彦さん(日本銀行総裁)
  • 古賀信行さん(野村証券株式会社 会長)
  • 坂元一哉さん(国際政治学者)
  • 内田麟太郎さん(絵本作家)
  • 阿部和成さん(プロ野球選手)
  • 原辰徳さん(元プロ野球選手)

名前を見ても分かるように多くの人に多大な影響を与えるほどの優秀な人材が揃っています。もしかしたら、大牟田市での教育が知りたいなと考えるママが増えてくるかもしれませんね。

ちなみに、お笑い芸人として活躍しているヒロシさんも大牟田市で生まれています。また、女優のいしだあゆみさんや、タレントのあびる優 さんのお母さまも大牟田市の出身だそうです。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

大牟田市の口コミ情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/三池炭鉱宮原坑跡

ここまで、大牟田市についての基本情報を見ていきました。では、実際に、大牟田市で暮らしている人たちは、どう思っているのでしょうか?その人たちの声を集めてみたので、本音に迫っていきますね。

とっても気になるので生の声を集めてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

不動産屋さんの口コミ

実際に、大牟田市の不動産屋さんを利用してみて対応はいかがでしたか?また、良かったことや嫌なことはありましたか?

困ったことがもし起こってしまった場合には、どうしたら防げるか経験からのアドバイスがあればお願いします。

女性女性

専門用語が分かりにくかったのですが、図面などを分かりやすく説明してくれました。初めに「知らないことは教えてほしい」と伝えておいたことが良かったのかもしれませんね。物腰が柔らかい親切な対応に安心して土地探しをすることが出来ました。おかげで気に入った場所に土地を購入することが出来て良かったです

男性男性

土地の有効利用について相談にのってもらい売却と同時に別の土地を購入しました。親身になってくれた仕事ぶりに感心しました。「こういう態度の人は不快に思う」と過去の経験を伝えていたので配慮も行き届いていたのではないかと思っています。最近は、なかなか他人のことを親身になって考えるという人は、仕事でも少ない気がしますので素直にうれしかったですよ

みなさん工夫して相談に出かけていたことが分かりました。大牟田市に土地を所有している人は、不動産屋さんに「親切な対応」を事前にお願いしてみても良いですね。

大牟田市の土地で暮らす人からの口コミ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/大牟田夏まつり「大蛇山」

実際に、大牟田市で生活をしてみて、どんな感想を持ちましたか? 大牟田市での暮らしに対するメリットやデメリットがあったら教えてください。

女性女性

バスや電車が使いやすくて助かっています。小さな子どもを連れての移動は大変なので、交通網が良くてアクセスが良いと実家にも行きやすいので嬉しいですね

男性男性

大型車両も多く通るので外気が少し気にはなりますが、生活の利便性を考えると恵まれている環境だと思います。オフィス街が近いので、飲食店も多く仕事で帰りが遅くなってしまった時にはお世話になり助かっています

 

女性女性

鮮度市場やスーパーなどが近いので、お散歩を兼ねていくと健康づくりとかねて一石二鳥です。高校も複数あるため子どもの希望に合わせた進路から選べるので子育て環境が良いのが嬉しいですね

男性男性

医療機関がいくつかあるので、万が一大きな疾患が見つかっても早期に治療が出来るのが安心です。将来は両親と同居することになっているので周辺環境は、医療機関や公園など、しっかりと事前にチェックしておいて良かったです。

土地を購入するときには、将来の家族設計なども視野に入れておくと良いですよね。不動産を売却する側としては、その辺りも考えてメリットを探しておくのも良いのではないかと思います。

大牟田市の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/三池鉄道

今日は、市の花を「やぶつばき」に制定している大牟田市について見ていきました。

歴史と経済の街、大牟田市のメリットや魅力は、いかがでしたか?自分で思ったより魅力があることを再確認していくと、自分が所有している土地が売れることに気付く人も多いでしょう。

そんな大牟田市の現在の土地の価格は下記の通りとなっていました。

  • 土地公示価格 ➡ 8万円  -5.00%
  • 土地取引価格 ➡ 6万円  -9.85%

現在は、かなり安価ですね。これだけ魅力と子育てなど生活に関するメリットがあるのに、これだけ安価だと驚く人が注目してくる予感です。

価格と環境のバランスが良いので、人気が高くなると次第に土地も高くなっていくので、今後がより一層楽しみになってきますね。今のうちに自分の土地を調べて価値を知っておく準備をしておくのも良いのではないでしょうか?

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!