八女市は、天候が比較的おだやかで、災害にあうことも少ない町です。また、自然がたくさん残っており、星空が美しいことでも知られています。

今日は、そんな八女市の特徴や土地情報をいろんな角度から見ていきます。また、八女市の土地に関わる生活情報や不動産売却情報も併せてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね

八女市の地価情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/八女市役所

第二次世界大戦の時代には、次のように八女市を評価されたことがありました。

  • 冬季寒気厳しからず夏季暑気甚しからざる土地
  • 地形平潤にして高燥、風光明媚なる土地
  • 諸物資豊富なる土地
  • 天災地変少なき土地

つまり、自然災害が少なく作物も育ちやすい、そして気候が温暖で美しさもある土地だと判断されたのです。

そうした条件をクリアする土地なので、安全に過ごせる場所として選ばれたという資料からも八女市は恵まれた環境だという証拠ですね。

平成もあと少しになりますが、今後は戦争ではなく、ぜひ人々の幸福のために八女市が発展することを期待したいものです。そんな八女市の土地価格は下記の通りとなっています。

  • 土地公示価格 ➡ 7万円  +33.44%
  • 土地取引価格 ➡ 5万円  -6.40%

土地価格の隣にある数字は、前年度と比較した値となっています。これを見てみると、公示価格が7万円となっており、33.44%も高くなったことが分かります。

また、実際の土地取引では、5万円となっており、-6.40%と現在のままでは大きな影響を受けてしまいそうな価格となっています。八女市の土地価格は、これまでもずっと低かったのでしょうか?

実は、大きな変化はないものの、1994年には27万円の公示価格となっていた記録があるのですね。

最近での過去10年にわたる推移を見てみると、公示価格は近年では平均5万円となっていました。しかし、2018年の新しい公示価格が示すように、7万円と大きく価値が上がったといえます。

土地取引における過去約10年の推移では、2008年の6.22万円を最後に下がり始めていましたが、2015年より再び回復してきたようです。

八女市の産業と地域経済

引用:http://yame.travel/index.php

八女市は、九州で最大と言われる伝統工芸都市となっています。このように繊細で細やかな作りを生み出せるのは日本人特有の素晴らしい才能ですよね。

  • 福島仏壇
  • 八女提灯
  • 石灯籠
  • 和紙
  • 箱雛人形
  • 八女独楽
  • 竹細工など

この他にも、八女市では江戸時代からすでに名を馳せたお米を作っていたり、小麦やブランドとなっている八女茶、果物、そして画像のような電照菊を中心とした農芸都市なんですね。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

八女市の生活情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/八女黒木大藤まつり

ここからは、八女市の観光や交通といった生活に欠かせない情報や子育て世代のために必要な教育機関などをご紹介いたしますね。

街づくりやイベントなど

  • 和紙作り体験
  • 日向神峡
  • 雛の里・八女ぼんぼんまつり
  • トンネル藤まつり
  • 矢部川物語(花火大会)
  • あかりとちゃっぽんぽん
  • 八女上陽まつり

名所・観光スポットなど

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ほたると石橋の館

  • 岩戸山古墳
  • 発心城
  • ほたると石橋の館
  • ホタルの里水車公園
  • 上陽町ふるさとわらべ館
  • アンテナショップ「八女本舗」
  • 学びの館(旧隈本家住宅)
  • 岩戸山歴史文化交流館
  • 白城の里「旧大内邸」
  • 八女民俗資料館
  • 山本健吉資料室
  • 紙すき屋
  • ふるさとわらべ館
  • 八女伝統工芸館
  • べんがら村
  • げんき館おおぶち
  • 八女福島白壁ギャラリー

八女福島地区と黒木地区は、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている地域でもあり、八女市全体が文化財のような豊かさが伝わってくるようです。

平和の塔

引用:http://www.hoshinofurusato.com

平和の塔は旧星野村のことですが、日本各地でも点火されている「原爆の火の元火」というのは星野村にあるそうです。

これは、星野村(現在の八女市)出身の人が原爆投下後に広島へ入り、「親戚の本屋でくすぶっていた火」を懐炉に入れて持ち帰ったことを起源としているのですね。

どんな思いで、自身の村に原爆の火を持ち帰ったのでしょうか?

きっと親戚の人たちは無事ではなかったのではないかと思います。こんな惨い戦争は絶対してはならないといった強い思いがあったのではないかと察します。

どの国も平和を築いていけるようにとの思いが「原爆の火」を保存している平和の塔を存続させている理由なのでしょう。

八女市の交通情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/羽犬塚駅

八女市には、鉄道路線がありませんが、最寄り駅としては羽犬塚駅となっており、八女市の中心部にあたる福島から堀川バス(1時間に2本程度)の乗って約20分弱の場所にあります。

若干の不便はあるかもしれませんが急ぎの用事でない限りは、大丈夫と思われます。しかし、八女市の生活に慣れるまでは少し不自由な気持ちになってしまうかもしれませんね。

バス

  • 西日本鉄道
  • 堀川バス

タクシー

  • 八女市予約型乗合タクシー「ふる里タクシー」

隣接している主要道路など

  • 九州自動車道八女インターチェンジ
  • 国道3号
  • 熊本県道・福岡県道4号玉名八女線など

高速道路が使えることで、自家用車があると移動の幅が広がりそうです。特に幼い子どもを抱えている人や近隣の地域へ勤務する必要がある人は、これらも考慮しておくと良いですね。

もし不動産の購入を検討してくれている人が現れたら教えてあげたり、住民にしか分からないようなプチ情報を共有するといったこともポイント高くなりそうです。

八女市の教育機関

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/福岡県立福島高等学校

八女市には、奨学金制度を設けており、高等学校に通学する3年間に限って条件が満たされると給付を受けることが出来ます。

八女市では、人物像や学業などが優秀であるにも関わらず、経済的な困難となっている子どもに「学習の道を拓いてくれる」奨学金制度を準備して、八女市の将来を願っているのですね。

高等学校

  • 福岡県立福島高等学校
  • 福岡県立八女農業高等学校

中高一貫校

  • 八女学院高等学校・中学校(中高一貫校)
  • 西日本短期大学附属高等学校(中高一貫校)
  • 福岡県立輝翔館中等教育学校

中学校

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/輝翔館中等教育学校

  • 八女市立福島中学校
  • 八女市立南中学校
  • 八女市立西中学校

小学校

  • 八女市立福島小学校
  • 八女市立岡山小学校
  • 八女市立八幡小学校

八女市の子育て環境&福祉情報

八女市では、未来を担う子どもの誕生を祝福して、健やかな成長を願うために、お祝金を支給してもらうことが出来ます。

条件がありますが、住民票を八女市に置いている夫婦から生まれた子ども持つ家庭だと該当する可能性が高いので、今後八女市で暮らす予定や子どもを出産する予定がある人は利用してみるのが良いですね。

子育て支援のためのコミニュティ-もたくさんあり、八女市で新しいママともやパパともが出来そうですね。

もちろん子ども同士のコミュニティを最も大切に考えてあげると、今後の教育にも良い刺激になります。

公共の施設

  • 八女総合庁舎
  • 農業総合試験場八女分場
  • 県立ふれあいの家南筑後

子育て世代が困ったとき

  • 病気回復期の児童を昼間家庭での育児が困難な時
  • 専門の施設で一時的に預かる

八女市では上記のような対策によって、保護者の子育てと就労の両立を支援する事業を行っているのですね。あってほしくはないですが、長い人生では色々な困難も待ち受けています。

次のような状態になってしまったら素直に支援を受けてママも長期戦の子育てに備えていくのが良いでしょう。

  1. お子さんが病気で保育所(園)・幼稚園、小学校に登園(校)できない
  2. でも、これ以上仕事も休めないし、昼間家庭で育児をしてくれる人がいない

このような条件が2つ揃った場合には、色々な子育て支援が設置されているので利用することが出来ます。近年では、働くママも増えているし、ひとり親世帯もあります。また、実家が離れていたり、近隣に相談できる人がいない人は多いようです。

少し地方に目を向けると思わぬところで救われたりしてメリットも多いことがあります。

子どもが少ない地方だからこそ、子育てを一緒に助けてくれるメリットが多いことを不動産売却を検討している人は知っておくことで、購入を検討する人へ気持ちを伝えられたり、自分の土地の付加価値を付けることが出来ることが増えていきますね。

八女市で暮らしたことがある有名・著名人

  • 杉本章子さん(直木賞作家)
  • 安部龍太郎さん(小説家)
  • 龍源齋大峰さん(書家)
  • 堀江貴文さん(実業家)
  • 馬場ゆかりさん(プロゴルファー)
  • 黒木瞳さん(女優)
  • 高橋大輔さん(元サッカー選手)

八女市では、新庄剛志さん(元プロ野球選手)や田中麗奈さん(女優)らが西日本短期大学附属高等学校を卒業されています。

スポンサードリンク
⇒【不動産をお持ちの方必見!】お得でオススメな売却方法を紹介!

八女市の口コミ情報

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/八女市黒木地区の街並み

ここまで、八女市についての基本情報を見ていきました。では、実際に、八女市で暮らしている人たちは、どう思っているのでしょうか?その人たちの声を集めてみたので、本音に迫っていきますね。

とっても気になるので生の声を集めてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

不動産屋さんの口コミ

実際に、八女市の不動産屋さんを利用してみて対応はいかがでしたか?また、良かったことや嫌なことはありましたか?

困ったことがもし起こってしまった場合には、どうしたら防げるか経験からのアドバイスがあればお願いします。

女性女性

とても親切で明るい印象が良かったです。まるで友達に会いに行ったように和やかな人が出てくれたので正直良かったです。思い切った質問が出来ないので、気になることは聞くか、誰かに代わりに聞いてもらう等、不安を持ち越さないのが良いですよね

男性男性

お店に入った瞬間に、スタッフのみんなが明るい笑顔で迎えてくれたので安心感がありました。それに緊張をほぐしてくれたので助かりました。直接話す方がいろんなことが伝わりやすいので、不動産など重要なことほど直接会うって大事だなと思います

 

星のふるさと公園

引用:http://www.hoshinofurusato.com

星の文化館では、なんと「九州最大100cm反射望遠鏡」と「65cm反射望遠鏡」の2つがツインドーム構造となっているようで、他では体験できない星空を眺めることが出来ます。

都心部では、街の灯りに遮られてしまい、星がきれいに見えないことも多いですよね。もしかしたら、空を見上げることすら出来ない忙しい毎日ということもあります。

でも、この場所に来ると宇宙の神秘や広がりを感じることが出来るので、悩み事があっても偉大な世界により自分の悩みが小さく思えたりして新鮮な気持ちになります。

八女市のように空気が澄んでいる、こんな魅力的な街で暮らせるというメリットは大きいです。不動産の売却を検討されている人は、この大きな魅力を誇りに思ってくださいね。

こちらで暮らし始めた人の中には、頑張る明日のために星を見上げたりする回数も増えた人もいるそうです。

八女市の土地情報まとめ

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/お茶の里記念館

今日は、市の花を「菊」「藤」「しゃくなげ」に制定している八女市について見ていきました。

八女市の土地価格は下記の通りとなっていましたね。

  • 土地公示価格 ➡ 7万円  +33.44%
  • 土地取引価格 ➡ 5万円  -6.40%

土地の価格で、数次が1つだけなんて安価で魅力ですよね。

最近は、不動産に対する考え方も全体的に変わってきているようなので、住居として購入する人はもちろんですが、セカンドハウスとして機能させていたり、SOHOとしてフリーランスの第2の作業部屋として使われることもあるのですね。

それらを考えてみると、購入を検討する人も増えそうな予感です。人気が出たら価格の上昇も考えられるので、今のうちに準備を始めてみてはいかがでしょうか。

また、八女市に暮らすために引っ越してくる場合の様々な補助金を八女市では用意してくれています。

例えば…

  • 中古住宅取得支援補助金
  • 若年世帯家賃支援補助金
  • 八女材を使用した新築や増築の木造住宅に対する補助金
  • 新築マイホーム取得支援補助金など

これらを賢く利用して、自分の土地を購入してくれる人には、八女市という新しい地で快適な生活を見つけてもらいたいものです。

そして宇宙のように、ちょっぴり大きな気持ちで暮らせると、さらに良いですね。

不動産売却するなら無料一括査定

O氏O氏

不動産売却、必要書類や税金など、考えないといけないことは確かにたくさんありますが、やっぱり一番の関心はいくらで売れるか、ですよね。

煩わしさのないかんたん不動産一括査定「イエウール」で、まずは資産価値をチェックしましょう!